Sooda!
 閲覧数:136
原発停止を続けなければ、10%値上げが全国的に広がらなくてすむのでしょうか。原発の方が、コストが高いのになぜでしょうか。

「原発停止続けば来夏10%値上げ」 枝野経産相関連トピックス枝野幸男 原子力発電所 東京電力
枝野幸男経済産業相は21日、東京都内のホテルで講演し、全国の原子力発電所の運転停止が長引いた場合、「来年の夏は(東京電力以外でも)全国的に電気料金が10%ほど上がる」との見通しを明らかにした。原発の代わりに使っている火力発電所の燃料費がかさむためという。

燃料費増を受け、東電はすでに企業向けで値上げに踏みきり、家庭向けでも申請している。ほかの電力各社は自ら積み立てたお金で経費増をまかなっているため、現時点で値上げの動きはない。ただ、枝野氏は、「経営合理化では吸収できない」との見方を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/0521/TKY201205210220.html

質問者:知っている
質問日時:2012-05-21 20:05:15
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
@経産省と財務省の立場

経産省は、東京電力の既得権益を温存するために、東電国有化(=乗っ取り)をしました。
財務省は、経営のツケを負わされて余計な歳出を増やしたくないから、東電の経営には深く関わりたくないという立場であり、国民側から少しでも早く投入した資金を回収したい立場です。

つまり、枝野経産相は、これらの官僚の立場から、電気料金の値上げを言わざるを得ないのでしょう。
野田佳彦内閣の政策運営の方針は、消費税問題でも同様ですが、官僚機構や既得権益などの強者とは闘わないと決めているようですので、このような情けない発言になってしまうのでしょう。

経営合理化も大事ですが、それ以前に、電源三法自体の見直しを進めることが、現在は必要だと思っています。


A原発のコストの件

先に指摘をしている方がいらっしゃるのですが、より細かく書きますと、資源エネ庁が試算している発電コストはあくまでも「発電」にのみ掛かるコストです。

原発立地交付金や寄附金、大学等に流れているコストは入っておりませんし、多額の広告費用も入っておりません。

さらに言えば、福島第一原発事故による除染コストと原発事故の賠償コストは過小評価され、廃炉のコストも同様に過小評価しております。

詳しくは、YouTubeでコスト等検証委員会というキーワードで調べてみて下さい。

回答者:softan01
回答日時:2012-05-22 04:25:49

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
原発停止を続けなければ、10%値上げが全国的に広がらなくてす...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-27 18:42:09

この回答の満足度 ★★★★☆
これからの火力燃料の価格沸騰などを考えると、原発の方が安く長...詳細

回答者:値上げされる
回答日時:2012-05-25 22:52:13

この回答の満足度 ★★★★★
値上げは権利だと思っている企業ですから、原発とか火力とか関係...詳細

回答者:安易な方法
回答日時:2012-05-25 16:45:23

この回答の満足度 ★★★★★
電力の不足を補えるからだと思います・・・原発の設備はすでにあ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-23 22:05:18

この回答の満足度 ★★★★★
また原発にもどしてどうするのでしょうか。結果は出たんですから...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-22 09:50:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ