Sooda!
 閲覧数:73
15mの地盤かさ上げをすれば、津波にも強いでしょうか。


★津波に強い人工地盤を=大西隆・東大院教授−論客に聞く

政府の復興構想会議の委員を務める大西隆・東大大学院教授(都市工学)は時事通信のインタビューに応じ、
津波対策として、人工地盤の高台上の町づくり案などを提案した。要旨は次の通り。

−津波に安全な町をどうつくるか。菅直人首相は高台への移住を提唱しているが。
それが基本だ。1896年の明治三陸地震の津波、1933年の昭和三陸地震の
津波の後も「高地移動」という言葉で高台への移転が提案された。
ただ、「言うは易く行うは難し」という政策でもある。全部を高地に移動するのは大変だ。
100戸や200戸までの集落なら、集落ごと移すことができるが、
岩手県陸前高田市や宮城県南三陸町は丸ごと市街地がやられている。
数千戸を高台に移すスペースを造れるか大きな問題だ。
人工地盤を造り、その上に町や主要な建物を乗せるアイデアもある。
人工地盤は普通は3〜6メートルだが、今回津波の高さは15メートルあり、それより高い人工地盤が必要だ。
技術的にはできるが、町の印象や機能、安全性の検証が必要だ。

−復興のための建築制限は必要か。
暫定的な措置として必要だ。ただ、措置が長期的になる可能性がある。
将来はこういう町に移ってもらうとか、将来計画を提示し、そのための手段としなければいけない。

−国が土地を買い上げることは。
スムーズに集落を移転するため、今の土地を国が買い、住民が新しい土地を買うことで土地を交換するやり方がある。

−被災地は広範囲で、状況も異なる。
国が個々の町、集落について「こうしろ」とまでは言うべきではない。
だが、技術的な問題は国が検証し、情報提供することが必要だ。(続く)

時事通信 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011042200622

質問者:匿名
質問日時:2012-05-27 21:15:20
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
かさ上げも必要ですが、避難が大事ですので避難路を確保していくことが優先課題だと思います。
今回の津波も自動車で逃げようとして、道路が渋滞して逃げ切れなかった人が多かった。
また逃げようとして自動車にひかれた人も多く、津波で流されてしまったので交通事故死ではなくン津波の被害者になっている。
自動車も人間も早く避難できることが大事。

回答者: 匿 名
回答日時:2012-05-27 23:05:18

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
当然有効的でしょうけど完璧ではないですよね自然の猛威は計り知...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-03 02:15:13

この回答の満足度 ★★★★★
やらないよりは良いと思いますが、自然の力に対応するには、どこ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-31 21:06:06

この回答の満足度 ★★★★★
何もしないよりはましだと思いますが自然の力は侮れません・・・詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-31 09:19:02

この回答の満足度 ★★★★★
人工的な対策はイマイチ信用できません。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-28 10:32:08

この回答の満足度 ★★★★★
かさ上げしないよりかはいいと思います詳細

回答者:sooda
回答日時:2012-05-27 22:38:53

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ