Sooda!
 閲覧数:102
ストレステストが、日本では1次のみしか行われていないのは不安ではないのですか。メルトダウンのあとどうするか、2次テストが行われないのはなぜですか。
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51937269.html

ストレステストが一次評価と二次評価に分けられた理由 ? 安全性は度外視で原発の再稼働だけが目的!保安院の体質はむしろ悪化している!
今回は、ストレステストが、一次評価と二次評価に分けられた理由を調査した報道の動画を発見しましたので紹介し、考察をしてみたいと思います。



<動画のポイント>
・ヨーロッパで行われているストレステストは、全てを実施すると1年以上掛かる事が判明。
・単に時間がかかるから一次評価と二次評価に分けた。
・一次評価はヨーロッパで行われているストレステストの内、メルトダウン防止策まで。
・万が一のメルトダウン後の対策、放射能大量放出の対策は二次評価とした。
・さすがの原子力安全委員会も一次評価のみでは安全は担保できないと苦言を呈している。
・保安院は経産省の早急に再稼働したいという意向に従い、このようなストレステストを再稼働の条件とした。
・新たな津波の安全基準は、これまでの津波対策に9.5メートル足したものであれば良しとした。
・単に福島第一原発を襲った津波が、当時の福島第一原発の防潮堤よりも9.5メートル大きかったからという理由付けで科学的な根拠は無い。
・専門家は保安院に対し非科学的であると批判したが、保安院は無視してこの安全基準を強行した。
・専門家からの意見聴取は公開で行われたが、基準を決定した会議は保安院内の密室で行われた。
・深野保安院長は、安全対策は万全ではないと認めつつも、一定の安全基準は満たしているのだから問題は無いとしている。

質問者:匿名
質問日時:2012-06-01 23:33:51
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
1次なんて合格するのが当たり前の試験だからです、理論値だけで、実際のパラメーターを何にも入れないから設計上の水がなければ通りますが、2次は実際のパラメーターが多少入るので通らない確率が高くなります、特に大飯原発のように、設計間近のものは厳しくなります、何故か古いものから動かしたい関西電力、まあここで動かせなければ、寿命的に入りになるからでしょうけど、でも安全性は新しいものから比べれば格段に低い。

回答者:匿名
回答日時:2012-06-02 00:04:00

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
当然不安です 原発の存在だけでも不安なのに安全性に対すること...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-08 18:42:23

この回答の満足度 ★★★★★
不安です。恐ろしいです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-04 22:31:59

この回答の満足度 ★★★★★
まずい結果になるからです詳細

回答者:sooda
回答日時:2012-06-04 17:44:48

この回答の満足度 ★★★★★
不安とか以前に、日本政府には電力会社、官僚機構を統治する仕組...詳細

回答者:softan01
回答日時:2012-06-03 17:58:48

この回答の満足度 ★★★★★
ぼろがでてはまずいからだと思います・・・・・詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-02 14:46:16

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ