Sooda!
 閲覧数:126
大飯原発の地表がずれた時(活断層)、格納容器が倒れないように支える人はいるのでしょうか。どんな対策が?

大飯原発の断層活動、地表もずれる可能性

再稼働問題で注目される関西電力大飯原発(福井県)で、敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が近くの活断層と連動して動き、地表がずれる可能性があるとの分析結果を渡辺満久わたなべ・みつひさ東洋大教授(変動地形学)と鈴木康弘すずき・やすひろ名古屋大教授(同)が6日まとめた。渡辺教授は「原子炉直下を通る破砕帯もあり、早急に現地調査すべきだ」としている。

原子炉直下の破砕帯が動いて地表がずれると、安全上重要な設備を損傷させる恐れがあるため、原発の立地場所として不適格となる可能性もある。

経済産業省原子力安全・保安院は「既に専門家会議で破砕帯の活動性はないと評価済みだ」としているが、専門家会議委員で産業技術総合研究所の杉山雄一すぎやま・ゆういち主幹研究員は「大飯原発など若狭湾の原発は、現地調査であらためて状態を確認するべきだ」としている。

渡辺教授らが指摘したのは「F―6断層」と呼ばれる破砕帯。

1985年に関電が国に提出した大飯3、4号機の増設申請書によると、F―6断層は1、2号機と3、4号機の間の地下をほぼ南北に走っている。

当時の掘削調査で、坑内の南側壁面では断層の上を覆う地層が変形していないことなどから、関電は「国が原発の建設時に考慮するよう定めている、13万〜12万年前以降に活動した活断層ではない」と判断。保安院も2010年に妥当と評価した。

これに対し、渡辺教授らは、同じ坑内の北側壁面の調査データなどを分析し、F―6断層が地層を上下にずらした可能性があると指摘した。

また、断層は粘土が混じって固まっていない可能性がある上、上部を覆う地層の年代も特定できておらず、活動が比較的新しい可能性もあると判断した。

さらに、F―6断層は海域などにある周辺の活断層と連動して動く可能性もあるという。

日本原子力発電敦賀原発(福井県)では、原子炉直下の破砕帯が動く可能性が4月、保安院の現地調査で判明。国の基準を満たさず、廃炉の可能性が浮上している。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201206070090.html

質問者:匿名
質問日時:2012-06-07 18:01:54
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
これってまともな質問???
放射物質格納容器を人の手で支える????
直下の地殻活断層がもろにズレたらどんな耐震建築物も壊れるよ。
なにせ、いくら杭を打ったところで、杭もろとも崩れ落ちる。
どんな耐震建設でも土台となる地面が割れたら、地下に落ちる。
一番安全なのは、空中に浮かせるしか無い!!!
でも、現実問題、無理!!!

回答者:匿名
回答日時:2012-06-07 18:08:01

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
倒れさえしなければ、密閉されているから安全なのでは?

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
何も対策なんてしていないと思いますよ対策したくても出来ないと...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-14 01:45:57

この回答の満足度 ★★★★★
活断層のずれは、本当に怖いです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-08 09:31:37

この回答の満足度 ★★★★★
どうなることやら怖いですけど一般人にはどうしようもないですね詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-08 07:11:31

この回答の満足度 ★★★★★
このニュースがあまり大きく報じられていないことの方が問題なの...詳細

回答者:softan01
回答日時:2012-06-07 23:00:49

この回答の満足度 ★★★★★
何も対策はしてないと思います。怖いですね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-07 18:34:33

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ