Sooda!
 閲覧数:141
原発などの危険施設の立地自治体は、「補助金欲しさ」の為に受け入れたのですか。住民の危険は織り込み済みだから、賠償金はとんでもないのでしょうか。もらえるものは、もらっておいて万々歳という思想から脱却できないのでしょうか。

質問者:東京都:天然ガス発電所
質問日時:2012-06-19 20:20:01
カテゴリ:地域情報・旅行>国内>観光地・名所

ベスト回答
原発の受け入れは、「補助金ー欲しさ」からであったことは、間違いがないこと。

危険は、織り込むが、まさか本当に事故が起きるまでは、思いは至らない。
このあたりが、「原発マネーに目が眩んだ」実態だ。

安全神話が崩壊して、福島の人々は、猛省をしている。

しかし、実際のところは、どうだろうか、それだけでは済まないのだ。

現在、事故が起きなくても、原発を安全に解体する技術は、まだ確立されていない。
そこから排出される放射化した原子炉や建屋などの処分方法も処分地も未定。
もちろん、すでに存在している危険増大の使用済み核燃料に至っては、現在、移動すらできなくなってきている。


耐用年数が過ぎて、発電を止め、原発登録が抹消されても、どうも、同じ場所に、危険は、そのまま置かれることになりそうだ。
発電を止めてしまえば、地元に原発マネーを、それ以上、ばら撒くこともできなくなる。

そのうち経年劣化で、ボロボロになれば、放射線漏れも出てくる。
原発ある所どこでも、結末は、福島と変わるところがないだろう。

これが、原発の現実。
原発密度世界一の日本では、安全な場所は、ない。
となれば、貰えるものは貰っておいた方が、まだ益しということになろうか。
しかし、直ぐに、貰えるもの自体が底を突いてしまう。

原発から直ちに脱却する以外の選択肢は、ないと思うが・・・。

回答者:団塊
回答日時:2012-06-25 23:49:07

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/10件中
安全よりお金を選んだって言われてもしょうがいないですよねそう...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-06-26 01:32:58

この回答の満足度 ★★★★★
むずかしいです。 受け入れないとやっていけないところに 話を...詳細

回答者:いわちゃん
回答日時:2012-06-23 08:25:27

この回答の満足度 ★★★★★
原発事故は、世界中で保険に入れない程、終わりの無い被害が起き...詳細

回答者:softan01
回答日時:2012-06-20 16:04:42

この回答の満足度 ★★★★★
その通りでしょう。やはりお金より勝るものは、ありません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-20 14:27:57

この回答の満足度 ★★★★★
安全についても もしなんかあったら それはそれでというあさま...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-20 12:50:10

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ