Sooda!
 閲覧数:103
「日銀法改正」をすると、どうしてデフレ脱却になるのでしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2012-06-26 20:54:52
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
デフレはいろんな側面があります。
デフレは物価が下がり続けることであり、言い換えれば、給料(収入)が下がり続けることです。

あくまでわかりやすく説明するための「例」ですが、
たとえば、日銀が1万円札を120億枚刷りました。
それを国民全員に100枚に配りました。
この100万円も「収入」ですから、確実に100万円分、国民の収入が増えるわけで、完全にデフレ脱却できます。
名目GDPも当然、120兆円増えます。名目24%成長です。

法律的には日銀が国民に直接配ることはできませんが、間接的にはそれと近いことができます。
しかし、今の日銀は、日銀法を盾に、デフレなのに通貨の流通量を増やさず、「サボタージュ」をしてきました。国民がどんなに困っても責任を取る必要がないからです。
日銀法改正したら、目標を達成できない場合には始末書を書かなければならなくなります。最悪の場合はクビにできます。
日銀法改正でちゃんと仕事をするようになることが期待できます。

世界中でデフレになっているのは日本だけです。
日本以上に人口減少が激しいロシアやドイツもデフレにはなっていません。
出生率が日本以上に低い、台湾や韓国もデフレにはなっていません。
デフレは日銀が原因であり人災なのです。

ちなみに、日本はハイパーインフレには絶対なりません。世界一と言っていい供給能力があるのと、世界一、外国にお金を貸しているのが日本であること。さらに日銀に太刀打ちできるヘッジファンドは地球上に存在しないからです。

回答者:typexr
回答日時:2012-06-27 01:03:23

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
日銀の独立性を薄め政府政策と通貨供給量をリンクさせれば、国内...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-27 13:46:23

この回答の満足度 ★★★★★
ようはお金がジャブジャブになり価値が下がることでイン...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-06-27 10:48:05

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ