Sooda!
 閲覧数:142
技術売買
ある中小企業の決断
というTV番組を見た方いますか?

東大阪市で従業員14人の加工会社を経営する苗村昭夫社長(69)。大きな決断の元、中国に飛んだ。日本の中小零細企業の生命線ともいえる「オンリーワン」の技術を中国企業に売ることにしたのだ。去年の記録的な円高で、大手メーカーの海外進出が進んだ。あおりを受けたのは中小零細企業だ。経営の悪化が深刻化する中、始まりつつあるのが「技術売買」。社長も悩みぬいた末に「技術ならある。売るなら今しかない」と心を決めた。30年かけて培った独自の加工技術には数千万円の値段がつき、会社の経営を助けた。一方で技術が流出するのも事実。MADE IN JAPANのブランドは守れるのか。日本のものづくりの現場が直面する現実とそこにある苦悩を描く。



生き残りとして、技術を海外に売るのもやむなしとするべきでしょうか。
ご意見をお願いします。

質問者:匿名
質問日時:2012-07-02 23:04:49
カテゴリ:ニュース・時事>経済


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
だからはやいとこ日銀法改正が必要なんです。他の国では最も有利...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-03 10:14:24

この回答の満足度 未設定
東大阪は町工場が沢山有ります。食っていくのも大変な人が多く日...詳細

回答者:知恩院玉三郎
回答日時:2012-07-03 06:25:51

この回答の満足度 未設定
個別ではその会社の判断。政府が動かない以上。金融機関のなかに...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2012-07-03 05:44:11

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ