Sooda!
 閲覧数:177
米軍の新型輸送機オスプレイは、軍と軍需メーカーの癒着を象徴する輸送機で、問題だらけ、多くの欠陥の指摘、事故の続発にもかかわらず実践配備にこぎつけてしまいました。
日本の原子力並みのごり押しです。
事故調査では、機体の欠陥指摘があると、強い圧力でもみ消され、人為的ミスに摩り替えられています。
特にトラブルの原因の超高圧の油圧システム、左右の揺れの操縦不能への繋がりなど根本的に欠陥機です。
みなさんはどう思いますか
===補足===
資料追加
機体に欠陥は無かった、人為的ミス と言い張る米軍は、いじめはなかった と言いつづけたどこかの教育委員会に似てますね。事故率の低さも操作されたものです。

http://www.dailymotion.com/video/xs3fl4_yyyyyyyy-yyyyyyyy-yyyyyyyy_news

米空軍の新型輸送機オスプレイがアフガニスタンで不時着して4人が死亡した一昨年の事故で、事故調査委員長を務めた空軍幹部がエンジンの不調が事故につながったという報告書をまとめたところ、内容を変更するよう上官から圧力をかけられたことが分かった。

2010年9月まで、空軍仕様のオスプレイCV22を運用する空軍特殊作戦司令部に勤めたドナルド・ハーベル退役准将が、朝日新聞に証言した。ハーベル氏は、同年4月にアフガン南部で起きた事故後に調査委員長に任命され、8人のスタッフと原因を調べた。

事故では20人の乗員のうち、操縦士ら4人が死亡。アフガンに配備されたCV22の初の死亡事故だった。

在日米軍が一〇月から沖縄・普天間基地で本格運用すると通告している新型輸送機オスプレイの安全性に関し、米国内では軍が意図的に事故を過小評価しているのではないかとの批判が出ている。

海兵隊はオスプレイについて、飛行・離陸時のトラブルについてしか重大事故を意味する「クラスA」(死亡者が出たかあるいは恒久的全体的損傷)にカウントしていない。二〇〇六年三月にノースカロライナ州の海兵隊基地でオスプレイが滑走路で突然浮上し、右主翼とエンジンが大破したが、「クラスA」から除外された。この基準のため、米国の軍事技術専門誌『ワイアード』昨年一〇月一三日号(電子版)によれば、過去一〇年間で発生した一〇件以上の重大事故につながる可能性があったトラブルのうち、「クラスA」として記録されたのはわずか三件とされる。

海兵隊はオスプレイの「クラスA」事故発生率を過去一〇年以上にわたり一〇万飛行時間で一・二八%と公表。他の海兵隊運用機の平均二・六%より低いと宣伝しているが、この数字は信憑性が薄い。〇九年になって、それまで事故の修理費を金額で換算する指標を「クラスA」については一〇〇万ドルから二〇〇万ドルに引き上げたため、発生率を人為的に低下させる結果になっている。さらにこの数字は空軍が運用する同機の事故を含んでおらず、『ワイアード』誌によれば空軍分をカウントすると事故発生率は約三倍になる。

同誌は、海兵隊のオスプレイは実戦配備後一五機に一機の割合で「破壊または重度の燃焼事故」が発生し、大部分は修理して運用されていると分析。目立つのはエンジントラブルだが、公式記録から多くが除外されている。実戦配備後に初めて死者の出た二〇一〇年のアフガニスタンでの空軍機墜落事故では、現場の事故調査責任者が映像などからエンジントラブルが原因と推定したが、空軍上層部からの圧力で「パイロットの操縦ミス」に結論が変えられたと内部告発する騒ぎも起きている。

質問者:匿名
質問日時:2012-07-18 00:46:51
カテゴリ:ニュース・時事>政治


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/5件中
アメリカから言われれば嫌でもノーとは言えない弱い政府であるこ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-24 23:59:33

この回答の満足度 ★★★★★
発想はかなり昔からあったが問題の多い構造で何度目のトライにな...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-18 10:00:24

この回答の満足度 ★★★★★
トラブルが多く、エンジンの耐久性が予想よりも短く、オーハ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-07-18 03:11:29

この回答の満足度 ★★★★★
乗る人のほうが不憫だと思いませんか?あなたなら乗りますか?嫌...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-07-18 02:17:53

この回答の満足度 ★★★★★
メーカーの癒着以前に、多数の兵士を乗せて長距離を飛行機のよう...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2012-07-18 01:44:14

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ