Sooda!
 閲覧数:94
日本人は、みな悪い人だと思われていますか。

10年以上も漓江のごみを拾い続ける日本人、不屈の人「林先生」―広西チワン族自治区桂林市

19日、「漓江下り」で有名な桂林で10年以上も漓江沿いのごみ拾いを続けている日本人がいる。今年66歳になるこの男性は、現地の人から「林先生」と呼ばれ尊敬されている。写真は漓江。

19日、「漓江下り」で有名な桂林で10年以上も漓江沿いのごみ拾いを続けている日本人がいる。今年66歳になるこの男性は、現地の人から「林先生」と呼ばれ尊敬されている。写真は漓江。 (Record China)

2012年7月19日、中国新聞社はこのほど、「漓江下り」で有名な観光地・広西チワン族自治区桂林市陽朔県の漓江沿いで10年以上にわたりごみ拾いをし、観光地の景観を守り続けている日本人男性について伝えた。

今年66歳になる林克之さんが初めて陽朔県を訪れたのは1996年。滞在期間はわずか2日間だったが、その時に登った老寨山から見た景色の素晴らしさに感動した。しかし当時は登山路が整備されていなかったため、不便さを感じた林さんはこれを整備しようと決意した。1996年から2000年の間、林さんは日本と陽朔県を何度も往復し、両親が残してくれた遺産1600万円を投じて、老寨山頂上までの登山路を整備した。「友好亭」と「和平亭」と名づけた展望亭を2カ所、さらに登山者のために公衆トイレも設置した。経済的に最も苦しいときには、林さん1人で働いたこともあったという。「最初ここの人は私のことを理解できず、日本人は皆悪い人間だと思っていた」と話す林さんは、今では「日中民間交流の使者」として現地の人に「林先生(リンシエンション=林さん)」と呼ばれ尊敬されている。

2002年から林さんは老寨山の麓で宿泊施設を経営、世界各国から訪れる観光客を受け入れている。また、数年前から友人とともに「漓江の景観を守る史上最大の環境保護ボランティア活動」を呼びかけ、自身も漓江沿いと老寨山でのごみ拾いを続けている。今では現地の定年退職した高齢者たちも林さんを見習い漓江周辺のごみ拾いボランティアに参加。現地政府も漓江の定期的清掃を実施するようになった。

「たった1人で異国の地でこれだけのことをやり遂げる人は、きっと善い人に決まっています」と話す林さんの奥さんは、今年38歳になる同自治区出身の中国人女性・董彬才(ドン・ビンツァイ)さん。2002年にメディアを通して林さんを知り、彼の人柄にほれ込み結婚したという。2人の間には今年8歳になる喜多郎君という男の子も生まれている。

昼ご飯を食べた喜多郎君が学校へ戻って行くと、林さんは麦わら帽をかぶり、ビニール袋と金ばさみを持っていつものようにごみ拾いに出かけて行った。(翻訳・編集/本郷)
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1213485

質問者:匿名
質問日時:2012-07-22 08:33:10
カテゴリ:ニュース・時事>国際

ベスト回答
どこの国でも良い人とそうでない人がいるという考えですが
中国新聞記者が取り上げるということは「奇特なひとがいる」という感じでしょうか
考え方によったらこの人は中国に対して謝罪しているのだと思う人もいれば
単にいい人だなと思う人もいるでしょう
日本でもポイ捨てをする人は多いですが中国の人は捨てるポイ捨ては半端ないです

回答者:匿名
回答日時:2012-07-22 11:19:24

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
皆が皆悪い人だとは思われていないと思いますその証拠に林さんは...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-29 00:18:18

この回答の満足度 ★★★★★
世界には、沢山の国があって気候や地形、もちろん文化も違うので...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-07-24 13:30:22

この回答の満足度 ★★★★☆
国 人種 個人 これらは分けて考えるべきかもしれませんね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-23 11:08:57

この回答の満足度 ★★★★★
50代まで童貞だった?男が旅行先で宿泊施設の経営が出来る話を...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-07-23 06:13:06

この回答の満足度 ★★★★★
その様な方が居て、中国で大事にされているなら、我々は愛すべき...詳細

回答者:レベルは高いよ君
回答日時:2012-07-22 20:50:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ