Sooda!
 閲覧数:112
牛丼値下げ競争が“勝者なき消耗戦"と言われている事を、どのように感じますか?

◆客離れ対策に決め手なし
SankeiBiz 7月25日(水)8時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000000-fsi-bus_all

「デフレの申し子」といわれてきた牛丼チェーン店の激しい値下げ競争は、「勝者なき消耗戦」に終わったようだ。

ゼンショーホールディングス(HD)が展開する最大手の「すき家」と吉野家ホールディングス(HD)の「吉野家」、松屋フーズの「松屋」の大手3社の既存店ベースの売上高はそろって前年割れが続いている。

離れてしまった客を呼び戻そうと、各社はメニュー開発やキャンペーンなど新戦略に知恵を絞るが、決め手がなく、出口が見いだせない。外食産業に旋風を巻き起こしてきた牛丼チェーンはいま、岐路に立たされている。

「商品を変えずに値段を下げれば、一時的なシェア争いはできるかもしれないが、持続可能な成長市場をつくることはできない」。日本マクドナルドの原田泳幸CEO(最高経営責任者)は、牛丼店の値下げ競争を切り捨てる。

同社は、2000年代初めに巻き起こったファストフードの値下げ競争をリードし、「59円バーガー」などで話題を集めた。しかし、「ハンバーガー=安物」のイメージが定着し、売上高の大幅ダウンを招いた苦い経験がある。

その後、経営を引き継いだ原田CEOは「不毛な値下げ競争」とは距離を置いた。低価格の商品で集客する一方で、高付加価値のハンバーガーで収益を稼ぐ複合的な価格戦略に転換し、業績のV字回復を果たした。

その後も、新規顧客の開拓、既存客の来店頻度の向上など、次々と手を打っている。

一方、大手3社で値下げ競争を激化させた牛丼チェーン店は、昨秋から急激な市場の収縮に直面する。値下げで牛丼首位の座を勝ち取った「すき家」でさえ、既存店ベースの売上高が10カ月連続の前年割れと成長に急ブレーキがかかる。

店舗数は前年同月比約200店増にもかかわらず、5月の全店売上高は0.2%減と厳しい。吉野家、松屋も売上高、客数ともに苦戦が続く。「置かれている環境はたいへん危機的状況にある」(吉野家HDの河村泰貴・次期社長)。

牛丼チェーン自身も、値下げ競争の限界に気づいている。5月に開かれた2011年度の決算発表で、ゼンショーHDの湯原隆男CFO(最高財務責任者)が「値引きによる売上高の押し上げ効果が下がってきている。お客さまは価格が下がることを期待しているのか」と疑問を呈したほか、「値下げによる盛り上がりは収まっている」(松屋の緑川源治社長)など、値下げ競争の“幕引き"を示唆する発言が相次いだ。

さらに、牛丼チェーン店の前には、新たなライバルが立ちはだかる。スーパーマーケットやコンビニエンスストアの「中食」ビジネスだ・・・

質問者:猪狩裕美子
質問日時:2012-07-26 00:52:18
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
いくら値下げしても、物価以上に国民の給料が値下がりしてますから、
牛丼よりも安い家弁に流れていってます。もう景気的には最悪ですね。
吉野家は値下げせずに頑張ってますが、そちらも大赤字。
デフレは牛丼屋のせいじゃないんです。

誰のせいかと言えば、日銀と財務省と政府。特に日銀。
はやいところ、日銀法改正してデフレ脱却して、国民の給料(その合計のGDP)を増やして欲しいです。
それと、お金が海外に流れでないように国土強靱化で、国内で使って欲しい。

回答者:typexr
回答日時:2012-07-26 01:06:36

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/19件中
何でもかんでも安ければ良いと言う考え自体安易ですし、美味しく...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-08-01 23:38:54

この回答の満足度 ★★★★★
いいかげん味が飽きられてるのでしょう。ここで価格も戻し、別の...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-01 04:34:48

この回答の満足度 ★★★★★
実際問題、妥当な言葉だと思います。利益を限りなく削って値下げ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-01 04:01:09

この回答の満足度 ★★★★★
異常に安価です。食べ物の価値を落としますし、企業努力ですけれ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-07-30 00:51:38

この回答の満足度 ★★★★★
そんな感じがします。安すぎです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-07-28 15:09:34

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ