Sooda!
 閲覧数:1126
車のもらい事故です。相手は停止線で停止せず左から出てきました。左折するので左のみ見ており、右手(こちら側)はまったく見ていませんでした。
左脇バラをスラレましたが、こういう場合、7対3というのは常識でしょうか。
完全もらい事故と思えたもので、納得できません。
相手の保険会社と自ら交渉するべきでしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2012-08-13 15:19:52
カテゴリ:マネー>保険・税金・年金>保険

ベスト回答
質問者さんが勘違いしているかも知れませんので少し回答しておきますが
質問者さんがどの様な道路を走行していたかで過失はかなり変化します。
もし質問者さんが「優先道路」を走行し法定速度を守っていたら
相手の過失:90 質問さんの過失:10になり、
(相手が一時停止を行った場合でもこの程度になる可能性があります)
そこから過失の度合いにより変化しますから70:30の結果にはまずなりません。
しかし優先道路に一時停止の有る無しは関係無いのです。
優先道路とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E5%85%88%E9%81%93%E8%B7%AF
まず事故現場の交差点がどの様になっていたか思い出して下さい。

次に優先道路ではなかった場合ですが基本的に交差点では徐行の義務が発生します。
徐行の義務が発生しないのが
@優先道路を走行中
A交通整理が行われている交差点で進めの場合(例えば信号機なら青ですね)
当然事故を起こした交差点に信号機なんてありませんよね?
つまり質問者さんには徐行の義務が発生し
一時停止の有る無しに関係なく徐行しなければいけないのです。
多分質問者さんの道路の法定速度は30km/以下だろうとは思いますが
徐行と言うのは30km/h以下ではありますが30km/hでは駄目なんです。
「直ぐに停止出来る速度」ですからだいたい4〜5km/h程度と言う事になります。
簡単に言えば歩行者と同程度の速度と言う事になります。

質問者さんのケースの過失割合の参考になるページを紹介しておきます。
@http://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu1-8.htm
Ahttp://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu4-3.htm
Bhttp://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu4-4.htm
互いに法律を守って事故になってしまった場合で
相手の過失:70、質問者さんの過失:30
この様な割合になる事になります。
相手は一時停止違反をしていますから致命的とも言えますが
直進ではなく左折の場合減速を行って交差点に進入している事になります。
(少なくとも一時停止の場所から左折するのなら徐行程度の速度だと考えられます)
質問者さんが徐行運転をしていなければ相手の車と同様に交通違反している事になります。
結局同程度の過失が認められれば70:30に変化はありません。
直進車は優先されますがそれより優先されるのが左折車でもあります。
少なくともこの状態から自分の過失が少なくなるには
減速をするなど事故回避措置を行っている必要があります。
しかし徐行運転で交差点に進入し車の横をぶつけられたのなら
相手が一時停止したかどうかなんて判らないのが普通です。
つまり相手の自己申告となります。
相手は左側を見れる位に交差点に進入していれば
質問者さんは強引に通過しようと考えての事故ではないでしょうか?
停止線は交差点の少し手前にありますから
はっきり言って左右が確認出来る位置では無いのです。
もし仮に相手が一時停止した後徐行運転して
左側のみ確認し質問者さんの車を確認しなかったすれば違反が無くなり過失のみとなり
質問者さんが徐行していなければ質問者さんの過失割合が大きくなる可能性もあります。
例えば紹介したページの@の5番目の一時停止後進入では60:40になっていますよね?
質問者さんが走行中、相手の一時停止不履行を確認出来る位置にいたとしたら
質問者さんが徐行していればこの事故は防げたのではないでしょうか?
徐行運転を行っていたと自信を持って言えるのなら交渉をお勧めします。
可能性としては80:20程度になる可能性もあると思います。
(紹介したページ@の1番目では互いの速度が同程度の時80:20になっていますよね?)
そうでなければ70:30を受け入れた方が身の為とも思えます。

もし質問者さんが優先道路を法定速度を守り走行中
相手を確認し急ブレーキ、停止出来ずに事故を起こした場合
相手が一時停止と左右の確認を怠り交差点に進入した場合なら
100:0も有り得る話になります。
確かに100:0と言うのは中々認められませんが
優先道路なら徐行の義務がありませんし
優先道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならないと道交法に明記されています。
過失割合が90:10からスタートしますから相手に過失が認められれば
100:0も起こり得る事になります。

この過失割合は車対車の場合です。
相手が人や自転車の様に弱者になれば弱者が有利になるのが一般的とも言えます。

回答者:元家電サービスマン
回答日時:2012-08-14 19:21:22

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
詳しくありがとうございます。100:0はありえないのはわかっています。

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
自分の車が動いていたら絶対に過失はつきます。動いていなければ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-08-20 01:34:53

この回答の満足度 ★★★★★
7:3というのは過去の類似する判例の基本過失割合です。過失を...詳細

回答者:=^・ω・^=
回答日時:2012-08-16 16:45:48

この回答の満足度 ★★★★★
匿名さんが乗っていたのは車でしょうか?車なら7:3はいくら交...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-08-14 18:48:28

この回答の満足度 ★★★★★
恐らく、信号の無い交差点での事故かと思いますが・・・・・道路...詳細

回答者:paradis
回答日時:2012-08-14 02:14:41

この回答の満足度 ★★★★★
残念ながら、あなたが完全に停止していたら10対0ですがあなた...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-13 22:50:12

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ