Sooda!
 閲覧数:80
盗人猛々しいという韓国報道官ですが、ならば国際司法裁判所に引きずり出して、成敗して決着をつけようという気概は政府には無いのでしょうか。

裁判になったら、韓国は買収とかあらゆる手立てを使って、自国に有利になる判決を出させようとすると思いますが、日本は甘いですか。

質問者:匿名
質問日時:2012-08-14 03:51:02
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
国内の問題なら、
刑事事件でも民事事件でも、原告側からの訴訟が成立すれば
被告人又は被告は、裁判に応じなければなりません。
又、
私達は法の範囲内で、警察・検察・裁判所等に権限又は権力を与えています。
つまり
判決を執行又は履行させる事が出来ます。

国際司法裁判所の場合、強制力や権限がありません。
例えて言うなら、
A君とB君が、或る事で意見の食い違いが有り、
それなら善意の第三者であるC君に意見を求めましょう・・・・・と云う程度の事です。

つまり、日本側が提訴しても、韓国が応じなければ裁判は成立しませんし
例え裁判に応じて行われたとしても、判決に不服なら無視すれば済んでしまいます。

地球枠で考えてみて下さい。
判決が出たとして、強制的に執行させる権限又は機関は、何処に在るのでしょう?

以前
確かシンガポールとマレーシアの間で、島の領有権について争いが有ったと記憶していますが
確かに両国の歴史や関係を考えれば難しい問題!
双方合意の下で、第三者機関である「国際司法裁判所」に提訴し
その結論(判決)に従った経緯があります。

さてさて竹島の場合
歴史的事実から、韓国政府は当然彼らの領土では無い事を知っている筈です。
コントロールされている一般国民は兎も角、韓国政府や官僚・歴史学者も
本当に心の底から自分達の領土と思っているとしたら、
彼らはそれこそ本当にレベルの低い国民だと、私は思ってしまいます。

李承晩ラインを勝手に宣言してしまった手前、今更引くに引けないのかどうか知りませんが
上記シンガポールとマレーシアの様に、純粋な意味での、地理的・歴史的解釈では無く
多分に意図的・・・欲得の問題での韓国の主張です。

日本側が国際司法裁判所に訴えたところで、韓国が応じなければ裁判になりませんし
このまま実効支配していても、日本が島を奪還する気配もありませんし
李大統領からすれば、竹島へ行く事で人気取りの材料に丁度良く
又、日本政府の動きがどうなのか知る目安にもなります。

問題は日本の対応です。
一方的に国際司法裁判所に訴えても意味の無い事は当然知っている筈。
数ある対抗処置のひとつなら納得出来ますが
「国際司法裁判所に訴えてやる!
例え韓国が応じなくても国際社会がこの問題を知る事になるぞ」 と言っているとしたら
甘いと云うより、今の政府は韓国並みに低レベル。

我々庶民とは頭の出来が違うので、
この不況でもしっかり私達以上に平均年収の多い、政府や官僚の方々ですので
私達国民が納得出来る様に、外交処理して頂きたいと、切に願います。

回答者:paradis
回答日時:2012-08-14 10:18:54

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
韓国は下記のような主張なのですが。



独島の真実に目も耳もふさいだ日本
AUGUST 14, 2012 07:09
13日、日本の島根県松江市の「竹島資料室」。島根県第3庁舎の2階にある資料室は、33平方メートル(約10坪)ほどの大きさだ。それでも独島の関連資料は膨大だった。日本の資料だけでなく、朝鮮王朝実録のような韓国の資料も少なくなかった。

日本は1905年2月22日、告示第40号を通じて、独島を竹島と定め、「島根県隠岐郡隠岐の島町」として編入したと紹介している。島根県は2005年2月22日を「竹島の日」とし、翌年から記念式も行っている。

図に添えられた簡単で詳細な説明を読んでいると、幼い日本の子どもたちまで「竹島は日本領土」という歪んだ主張に同意する背景を知り得る。一方的に日本に有利な資料だけがあるためだ。しかし、詳細に見ていると、どの部分が歪曲されているかが分かる。

資料室の入口には、日本が領有権を主張するのに役立つ1905年以降の資料は多い。しかし、「独島(ドクト)は韓国領土」と3度も明示した江戸幕府(1603〜1867)時代と明治維新(1868年)前後の資料はない。代表的な歪曲事例だ。

資料は、第2次世界大戦後、1951年9月8日に日本と連合国48ヵ国が結んだサンフランシスコ条約で、「済州道(チェジュド)、巨文島(コムンド)などを韓国に返したが、独島は除外された」という点を独島領有権主張の決定的な証拠として掲げた。しかし、「当時、米国の措置が独島領有権が日本にあるように解釈されてはならない」という米国内部の報告書があることは言及していない。

島根県は、独島領有権を体系的に歪曲しようと、この資料室に各種文書を集めた。資料室は、小・中・高校への教育資料の配布など、「竹島が日本領土」という歪曲した内容を広める役割をしている。李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問後、松江で会ったある市民は、「1905年に日本政府が竹島を島根県に編入したので、法的に日本の領土」とだけ繰り返した。

彼らに、「1905年に日露戦争で日本が勝利した後、韓半島への侵略を本格化した。その歴史的背景を考えたことがあるか」と尋ねた。大半が知らなかった。「韓国の歴史(1454年の世宗実録など)で独島が韓国領土であることが明確に記されている」と言うと、信じようとしなかった。「日本の公式政府文書(1877年、日本の最高行政機関だった太政官指令など)にも、独島は韓国領土と記されていた」と説明すると、驚いて何度も「本当か」と聞き返した。歪んだ歴史教育を受け、都合の悪い真実に目と耳をふさぐ結果だった。このような日本が残念だ。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012081422708

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
裁判になれば負けることは確実ですから。そうなればあの国は国民...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-08-21 00:08:42

この回答の満足度 ★★★★★
提訴しても相手が拒否すれば裁判になりません。当然、相手側は拒...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-20 19:52:41

この回答の満足度 ★★★★★
まあ、提訴を思いつくだけ気概があるのでは?日韓基本条約締結後...詳細

回答者:Tatchy
回答日時:2012-08-17 02:12:08

この回答の満足度 ★★★★★
そんな気概が本当に政府にあるかどうか、疑問ですね。仮に、裁判...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-14 14:55:08

この回答の満足度 ★★★★★
なめられているんでしょうね。もう韓国スターの顔も見たくないで...詳細

回答者:しめだししてほしい
回答日時:2012-08-14 12:24:27

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ