Sooda!
 閲覧数:87
子供達が苛め自殺をしないように、何か良いアイディアはありますか?

時論公論 「"いじめ自殺"の真相解明は」
NHK早川信夫 解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/126011.html

北海道の滝川や福岡県筑前町でこどもたちがいじめを苦に自殺し、社会問題になった時期に文部科学省は対応の方針を変更しました。

いじめの定義を「一定の関係にあるこどもから攻撃されて精神的な苦痛を感じればいじめととらえる」とそれまでの「弱い立場にあるこどもが受けるもの」という前提を見直しました。

また、自殺については、背景を知る手がかりを得るために、できるだけ早く先生とこどもたちから聞き取り調査を行うよう全国の教育委員会に指示しました。情報のすり合わせをする暇を与えないためです。

北本の場合、生徒たちへのアンケート調査が行われたのは2週間後でしたから、決してすばやい対応とは言えません。反省すべき点は反省して今後に生かすことが必要です。

学校や教育委員会には、不都合なことは隠したいという心理があるようです。

いじめの件数調査は東京・中野区の男子中学生が「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」と遺書を残して自殺したのをきっかけに始まりました。

94年に愛知県の男子中学生がお金を脅し取られるなどのいじめを苦に自殺した事件、二つめは滝川や筑前町の事件のあとに増えています。いずれも、文部科学省がいじめの定義を見直し全国的に総点検を求めたことを示しています。

直後には高い件数になるものの、ほとぼりが冷めると減る。問題にさえならなければ、黙っているという学校や教育委員会の体質がうかがえます。

では、どうすればよいのでしょうか?

これだと決め手になる方法を示すことはできません。しかし、命をかけて訴えたこどもたちの心の叫びを汲みとる努力はできるはずです。

また、学校や教育委員会、文部科学省にその役割を期待することもできそうにありません。そうなると、航空機事故などと同じように「学校事故調査委員会」のような公的な第三者機関を設けることを検討することが必要です。

当事者の責任追及を目的とするのではなく、先生の指導がどう及ばなかったのかなど今後への教訓を引き出す。学校の事情に詳しい弁護士や医師、臨床心理士などがチームを組み、調査する権限を与える。

大津で問われていることを考えますと、もうそこまで現実は差し迫っています。そうすることがこどもたちの命を救うことになるからです。

質問者:匿名
質問日時:2012-08-15 21:11:50
カテゴリ:子育て・学校>学校・教育>小・中学生

ベスト回答
加害者に対する厳罰でしょうね。

最近の報道から分かるように、これまで
被害者の訴えに対する対処は、警察も、学校も
ふにゃふにゃな態度でしたね。

大津の事件をきっかけに
今後は、改められることを期待できると思います。

回答者:仔山羊
回答日時:2012-08-16 19:04:30

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
子供が一番嫌うのは、表面的な部分を繕った狡い大人なんですよね...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-22 18:56:20

この回答の満足度 ★★★★★
ムキムキの先生に刃向かう気にはならないでしょう詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-21 10:32:08

この回答の満足度 ★★★★☆
法規制では道徳心は育ちません。左脳ばかり使っている大人は(特...詳細

回答者:ももんが
回答日時:2012-08-19 00:13:47

この回答の満足度 ★★★★★
小学校の教員は、筋肉ムキムキも必須にすればいいと思います。生...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-19 00:01:58

この回答の満足度 ★★★★★
いじめる側を規制するのはもちろん大切で、今後ももっと取り組ん...詳細

回答者:you
回答日時:2012-08-16 10:01:17

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ