Sooda!
 閲覧数:50
中国は準備周到だと思いますか。


「占領シナリオ」通り 政府無策のツケ露呈2012.8.16 00:57

尖閣諸島に上陸し逮捕された香港の活動団体メンバーが乗っていた抗議漁船 (台湾海岸巡防署提供)

沖縄県・尖閣諸島に香港の活動家がいとも簡単に上陸したことで、民間人を偽装した海上民兵らによる「尖閣占領シナリオ」の危惧が現実味を帯びてきた。海上保安庁は上陸を許したことについて「強硬手段を用いない」との政府方針を明かしたが、仮に武装公船が抗議船メンバーの援護に駆けつけていれば、対応できなかった可能性がある。

日本政府内では、中国は秋の共産党大会での指導者交代までは対外的な高圧姿勢は控えるとの見方が大勢だった。だが、7月には漁業監視船が初めて3隻で領海侵犯するなどむしろ挑発をエスカレートさせていた。香港の衛星テレビによると今回、活動家らは尖閣に中国国旗まで立てた。

直接的な引き金は東京都や政府による尖閣購入計画とみられる。日本側が尖閣の実効統治を強めようとした直後、中国側は威嚇で切り返してきたとの構図だ。

日本政府が今回最も懸念を強めていたのは、中国政府が抗議船の行動を黙認していたことだ。政府高官は「国民に強まる大国意識とそれに比例するナショナリズムのガス抜きを図っている」と指摘する。だとすれば、同様の挑発行為が続発する危険性は高い。

尖閣をめぐる挑発行為への対応について、防衛省・自衛隊はこの1年あまり検討と演習を繰り返してきた。7月末には、岩崎茂統合幕僚長が尖閣出動に関する対処方針の策定も指示したばかりだった。
防衛省が想定したシナリオは(1)漁民や海上民兵が不法上陸(2)漁業監視船など武装公船が海保と警察を威嚇(3)南西諸島に武力侵攻−というものだ。抗議船メンバーの上陸はこの第1段階に向けた「予行演習」ともいえる。

今回は出港から時間的余裕があったため、沖縄県警は尖閣で待ち受けることができたが、闇夜にまぎれて上陸し、仮に武装までしていれば県警の装備では対応しきれなかった。

平時から自衛隊が海上保安庁、警察を支援できる法体系として「領域警備法」を整備しておくことは不可欠だが、野田佳彦首相が同法の整備を検討した形跡はなく、日本政府の無策のツケが露呈したといえる。

法整備をはじめ対策強化を早急に進めなければ「占領」という取り返しのつかない事態になる。(半沢尚久)http://sankei.jp.msn.com/world/topics/world-14875-t1.htm

質問者:慎太郎
質問日時:2012-08-16 10:27:18
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
中国は歴史的に
長期的・短期的な戦略・戦術の組み合わせ方法や進むか退くかの判断に
長けた国です。
向こうの戦略に乗ってしまわないよう慎重(臆病という意味ではなく)な判断が求められます。
国際関係に配慮して穏便な態度を・・・なんて考えていたらなめられて
向こうの行動がエスカレートするだけです。

海上保安庁・警察・自衛隊などを駐留させ、
緊急時には相手の殺害も止む無しとの厳しい態度を取るべきです。

それと、中国と領有権争いをしていたり侵略を受けて困っている国や地域は沢山あります。
東南・南アジアのそういった国々やチベット・ウイグルの人達との連携を強めるべきでしょう。
幸いにして日本はそれらの国や地域と友好関係にあることが多いです。
包囲網形成は無理でもそれぞれの連携を強めることができれば
中国への牽制・圧力になると思います。

回答者:Tatchy
回答日時:2012-08-16 20:35:54

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
そんな感じがします。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-21 10:55:43

この回答の満足度 ★★★★★
準備周到なのは認めざるを得ません。としたら、これはもはや確信...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-16 17:58:29

この回答の満足度 ★★★★★
尖閣は単なる布石ですね。今からあらゆる面で恫喝しながら押し込...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-08-16 17:52:16

この回答の満足度 ★★★★★
そんな感じがします。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-08-16 14:33:57

この回答の満足度 ★★★★★
闇夜にまぎれて・・でも、アメリカ軍は発見できるだろうし、政府...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2012-08-16 11:50:41

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ