Sooda!
 閲覧数:2366
琉球電力が発明した電池が封印されたそうですが、どのような電池だったのでしょうか。

世界中の人々の生活を豊かにすることが可能な「封印された技術」

琉球電力は90%以上の効率で大量の電気を蓄える電池を発明していた

・・これを開発すれば日本人や世界中の人々が電気代や光熱費などを支払う必要がなくなる。今まで太陽電池や風力発電などの自然エネルギー技術普及の一番の壁はエネルギーの貯蓄であった。太陽発電をしても夜はエネルギーを発電出来なかった。しかし琉球電力は90%以上の効率で大量の電気を蓄える電池を発明した。


これだけ革新的な発明が存在するにも関わらず、どの銀行もこの技術を開発するためにお金を貸してくれない。大手企業も興味を示さない。


理由は簡単だ:今まで日本や世界の企業が革新的な発明をしても圧力がかかり、工場を爆破されたり、発明家が殺害されたりしてきた。革新的な技術が開発されると困る(儲からなくなる)勢力が存在するため、その技術は封印されてきたのだ。アメリカの科学協会のデーターによるとアメリカだけでも封印されたパテントは6,000以上存在する。

これらの「封印された技術」を一般公開すれば、ドラえもんみたいな世界は現実になる。


http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/c25e2175b09fe5b6cb6b1092f825891e

※2011年8月は見れていた琉球電力HPは、既に見れない状態。封印された?http://ameblo.jp/x-csv/day-20120518.html

質問者:匿名希望
質問日時:2012-09-16 13:39:41
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
琉球電力の電池については以下の記事があります。
「世界初、多用途型電池バナセイバー 新開発の発表」
「世界初となる独自機能を満載した新型レドックスフロー電池、バナセイバーを開発・発表
した。開発したのは、琉球電力(株) (本社沖縄県浦添市・阿部倶已社長)特許出願中」
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/200710152606/

しかし、琉球電力については投資詐欺事件も起きています。
「未公開株詐欺会社琉球電力(株)、琉電工(株)、それらの役員・従業員らに判決確定(東京
地裁2010/1/25判決、静岡地裁2010/4/27判決)」
http://plaza.across.or.jp/~fujimori/mikoukaikabu.html

「(旧)琉球電力株式会社、(現)株式会社ワールドバナセイバー、被害者の皆様へ 〜集団刑
事告訴と破産申立の参加者を募ります〜」
http://plaza.across.or.jp/~fujimori/mikoukaikabu.html

回答者:未公開株
回答日時:2012-09-16 18:52:44

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ