Sooda!
 閲覧数:259
シェールガスが出たようですが、今度はロシアに狙われるのでしょうか。



シェールオイル採取に成功 秋田の鮎川油ガス田で国内初

資源開発大手の石油資源開発は3日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田の地下約1800メートルから、岩盤に含まれる新型の原油「シェールオイル」の試験採取に成功した。シェールオイル生産に向けて日本国内で取り出しに成功したのは初めて。東京電力福島第1原発事故を受け、日本でも資源多様化が求められており、未開拓資源の開発に弾みとなる可能性がある。

シェールオイルは新たなエネルギー資源として米国ではすでに生産が本格化、世界的に注目されている。ただ、原油がシェール層と呼ばれる地中深くの岩盤に含まれているため、これまでは技術的に採掘が困難で、採算も合わなかった。岩盤にはシェールガスと呼ばれる天然ガスも存在するが、今回は調査対象としていない。

石油資源開発は1日から、鮎川油ガス田ですでに掘っていた油井を使い、岩盤に塩酸などをポンプで送り込み、原油が出る隙間をふさぐ石灰岩などを溶かす作業をしていた。3日朝になって、油井から採取した液体を遠心分離機にかけて、原油が確認された。

今後は、原油の成分などを詳しく分析した上で、2013年度にも新たな油井を掘り、試掘を本格化させる方針だ。

石油資源開発によると、シェールオイルの埋蔵量は、鮎川油ガス田と隣接する油ガス田を合わせて計約500万バレルと推定。秋田県全体では国内での年間石油消費量の1割弱にあたる1億バレルに上る可能性もある。http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201210030159.html
===補足===
本州だからといって安心できないのでは? 本気で欲しくなれば、本州を占領すればよいだけ。そういうのが、人類の歴史です。 あ、日本は大陸と陸続きではなかったので、そういう経験がないのでしたね。

質問者:匿名希望
質問日時:2012-10-03 21:44:34
カテゴリ:ニュース・時事>エンタメ

ベスト回答
ロシアの石油埋蔵量は2005年時点の推定で1300億バレル近く。こっちは500万。ケタが違う。
それだけのストックがありながら海のものとも山のものともつかぬシロモノを本気で欲しがるかって点で甚だ疑問。無理して取りに来たところで対外的な評価、流される国民の血、その辺の損失の方がデカイ。欲しいのはむしろ日本人の掘削技術だろうね。仲良くした方が、得だよ。

回答者:ぐーたら
回答日時:2012-10-04 14:41:54

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
技術者ごと流出か・・・

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
ロシアには狙われないでしょうね。狙ったとしても現段階では物に...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-10-10 00:53:45

この回答の満足度 ★★★★★
狙われと思います。残念ながら。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-10-04 13:50:29

この回答の満足度 ★★★★★
これからのエネルギーは採掘に高度な技術が必要なので簡単には...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-04 09:58:30

この回答の満足度 ★★★★★
本州だから大丈夫だと思います。ロシアは北方領土を基点として北...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-04 07:38:26

この回答の満足度 ★★★★★
これは流石にロシアでも無理でしょう。でもシェールオイルが日本...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-10-04 01:12:40

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ