小説書きは気が向いたときにやればいい。いろいろな本を読んだりする。
その積み重ねで小説の構想が見つかって小説を書けるようになる。

林業、漁業、農業など自然を相手にする仕事に就けば健常者に近付くと思います。
話したいときその本音を話す。
本音を話したくないときは無理して本音を話す必要は無いです。

回答者:匿名
回答日時:2012-10-07 06:42:52

この回答の満足度 ★★★★★
[*]前へ [#]次へ

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ