不安や不眠があるのは社会でたら皆そうです。
うまいこと病気作って逃げれたりする環境があるだけ幸せです。

社会貢献もしなくていいし身を投げる必要もないです、34歳無理せず妥協できる職場をみつけたらそれがいいです、どんな仕事でもいいので仕事みつけ、休日はビールを飲みパチンコなどをたしなむ程度にやることから始めましょう、そこに罪悪感などもちこまない事です。
それができてから貢献できる仕事か考えたらいいです。

仕事の帰りはちくわ食いながらビール飲みながら夜景を見て帰る練習をしましょう、そうすると段々心に余裕がうまれてきます。
これは冗談ではなく真面目な話です。

回答者:匿名希望
回答日時:2012-10-07 06:45:32

この回答の満足度 ★★★★☆
お礼コメント
有難う御座います。病院に入院となり、大学に行く資金がなくなり、自転車で通えるパチンコ店で、アルバイトを朝8時から、夜11時まで働きました。保険もなにもない、ヤクザだらけのパチンコ店でした。仕事が終わった後は飲みに連れていってもらい、酒を飲んだのですが、まずくて吐いてばかり「飲んで吐いて強くなるんだよ。」と言われましたが、まったく飲めるようになりませんでした。また、パチンコをしましたが、アルバイトなのに、パチンコ台や、スロットの設定を任されたことにより、パチンコ業界を知り、パチンコをすることは辞めました。只、パチンコをしに来る客を見ていて、いろんな客がいますが、お金儲けではなくて、なにか考え事をしながら、パチンコをしている客もいました。そういった客にかぎって、会社の重役の人であった事も事実です。プライベートまで、仕事を持ち込まない。メリハリが大事だという事だと思いますが、確かに、自分のいう真面目が、おかしくなっていました。只、あぶく銭という意味で、罪悪感をもってしまうので、仕事についたら、違う趣味などをもって、いこうと思います。有難う御座いました。
 [#]次へ

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ