Sooda!
 閲覧数:54
放射性物質は回収義務はないのでしょうか。環境は汚し放題、料金は値上げ放題、給料はもらい放題、うらやましいですか。




放射能はだれのものか。この夏、それが裁判所で争われた。
8月、福島第一原発から約45km離れた、二本松市の 「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」 が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。

――事故のあと、ゴルフコースからは毎時2〜3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害がでている。責任者の東電が除染をすべきである。

対する東電は、こう主張した。

――原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない。

答弁書で東電は放射能物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。 無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。

さらに答弁書は続ける。

「所有権を観念し得るとしても、 既にその放射性物質はゴルフ場の土地に附合しているはずである。つまり、債務者 (東電) が放射性物質を所有しているわけではない」

飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。そんな主張だ。

決定は10月31日に下された。裁判所は東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた。

ゴルフ場の代表取締役、山根勉 (61)は、東電の「無主物」という言葉に腹がおさまらない。
「そんな理屈が世間で通りますか。 無責任きわまりない。従業員は全員、耳を疑いました。」
7月に開催予定だった「福島オープンゴルフ」の予選会もなくなってしまった。
通常は3万人のお客でにぎわっているはずだった。
地元の従業員17人全員も9月いっぱいで退職してもらった。
「東北地方でも3本の指に入るコ ースといわれているんです。本当に悔しい。除染さえしてもらえれぱ、いつでも営業できるのに」
東電は「個別の事案には回答できない」 (広報部) と取材に応じていない。


ソース
朝日新聞(2011/11/24) プロメテウスの罠 無主物の責任(1)http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1932.html

質問者:匿名
質問日時:2012-10-13 11:03:14
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
腹が立ちます。
国会議員と東電に献金関係があるのではないかと思います。それに大量の株主がいる。株主が離れない限りは東電を解散できない。
電気料金値上げ認可の調査が甘いとしか思えない。

回答者:匿名
回答日時:2012-10-13 11:26:04

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
羨ましいと言うより腹立たしい限りですね。あまりにも無責任すぎ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-10-20 01:07:03

この回答の満足度 ★★★★★
もうしらんぷりですね。とにかく料金上げればいいということなの...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-15 14:36:14

この回答の満足度 ★★★★★
もちろん回収するべきです。国民に迷惑をかけているという発想が...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-15 05:28:21

この回答の満足度 ★★★★★
法律改正して全て東電の責任でやらせるべきです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-13 14:07:39

この回答の満足度 ★★★★★
個人的には東電および原発政策を推進していた国が除染をすべきで...詳細

回答者:裁判所は買収されてる?
回答日時:2012-10-13 12:41:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ