Sooda!
 閲覧数:225
仏様にお供えするお花やお線香は、仏様にとってどのようなものに値するのでしょうか。
お線香はごちそうである、という言葉を聞いたことはあるのですが、お花などどうなのでしょう。
またそれは宗派によって違うのですか。

質問者:匿名
質問日時:2012-10-31 18:46:07
カテゴリ:知識・教養・学問>冠婚葬祭>葬儀

ベスト回答
お線香の煙は食事と同じと言われています。
供花は亡くなった方のこの世の住まいを飾るためです。
そしてそこはあの世を表す物なので、
(あの世は美しい花が咲き乱れていることになっています9
花を供えて近い形を作ります。
なぜそんなことを?というのは信仰や亡くなった方を思う気持ちの表現のためです。
仏壇をきれいにしたり、お墓を掃除したり(お線香をあげるのも結局は同じです)するのは、
今もあなた(方)を忘れてはいません。大切に思っています。
という心の表しでされることです。

そして行きている人間がそれをするのは、
自分も亡くなったらこうしてもらえる、覚えていてもらえる。
と安心するためでもあります。

花ではなく樒(緑色の毒のある葉です)を供える宗派もあります。
なぜ花なのか、樒なのかは宗派によって色々と解釈があり、
ここには書けない程長い物となりますので、お寺にいらした時に聞かれると良いですよ。

回答者:樒は嫌
回答日時:2012-11-02 07:23:34

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
食べるらしいですよ。見た目は変わらないけど気をとるらしいです詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-11-01 10:38:56

この回答の満足度 ★★★★★
宗教とか宗派とかに関係なく、天国にいる故人としては、自分のた...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-10-31 19:44:54

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ