Sooda!
 閲覧数:77
年内解散かと噂される選挙対策でしょうか?
選挙前のばら撒き開始〜!?

民主、消費税アップ8%対策で。低所得者に1万円、配ります。。。。

民主党の藤井裕久税制調査会長は8日までに産経新聞のインタビューに応じ、消費税増税に伴う
低所得者対策として税率を8%に上げた時点で一定以下の年収の人に現金を配る「簡素な給付措置」
について、1人当たり1万円超とする考えを明らかにした。給付期間も複数年度とすることを検討し、
自民党政権時代の消費税導入時などに比べ、低所得者の負担緩和策を充実させる考えを示した。

消費税3%を導入した平成元年度と5%に上げた9年度に、臨時給付金として住民税の非課税世帯の
高齢者らに原則1万円を単年度で1回限り配布した。これに対し、藤井氏は今回の引き上げでは
「(臨時給付金より)少し多いくらいは考えないといけない」と述べた。

消費税増税は低所得者ほど負担感が重くなる「逆進性」が問題視される。このため、26年4月に
消費税率を5%から8%、27年10月に10%へ上げることを柱とする社会保障・税一体改革関連法は
8%時点で簡素な給付措置を実施するとしているが、金額や期間、対象者など具体策は積み残し
課題となっていた。

一方、簡素な給付措置以降の低所得者対策について、一体改革関連法は減税と現金支給を組み合わせる
「給付付き税額控除」と、食料品など生活必需品の税率を低くする「軽減税率」を両論併記している。
藤井氏は軽減税率について「(対象品目の)線引きが難しい」などと指摘、給付付き税額控除の導入を
目指す意向を改めて示した。

ソース
産経新聞

一万円って見合う金額でしょうか?
低所得者のボーダーラインがどこか、揉めそうですね。
個人申告制では情報弱者は不利とういか、片手落ちに成りかねませんよね。。。。

質問者:一線
質問日時:2012-11-09 20:37:29
カテゴリ:ニュース・時事>政治


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/7件中
国民を馬鹿にしているとしか思えないような政策です。それで又騙...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-11-16 01:07:40

この回答の満足度 ★★★★★
何だか本当に場当たりで、嫌気がさす政治家の集団ですよね。一万...詳細

回答者:こうもと
回答日時:2012-11-12 15:21:03

この回答の満足度 ★★★★★
毎月1万ならいいけどね。年1万じゃ・・・・詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-11-12 11:30:47

この回答の満足度 ★★★★★
もちろんです。公約が実行されることはありませんよ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-11-10 21:54:58

この回答の満足度 ★★★★★
そう思います。終わってます。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-11-10 13:51:37

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ