Sooda!
 閲覧数:72
日本のゲームメーカーは、開発に金をかけすぎでしょうか。携帯向けゲームはしょぼすぎと、馬鹿にしているのですか。

消える「ミリオン」 プレステ“世代交代"の大誤算 2013.1.5 07:00

平成23年に鳴り物入りで発売したソニーの携帯ゲーム機「PSヴィータ」だが、世代交代の道は遠い

スマートホン(高機能携帯電話)など、ソーシャルゲームの普及に押され、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)や任天堂などゲーム専用ハードメーカーの不振が叫ばれる中、2年連続でミリオンが出なかったSCEは、“ミリオン消滅"の危機にひんしている。過去のヒット作のリメークや続編ばかりがミリオンを占める中で、「モンハン」の愛称で知られる看板タイトルが任天堂にシフトしたためだ。SCEが携帯ゲーム機の“世代交代"に失敗した代償は大きい。

平成24年の国内ゲームソフト販売は、売上本数100本以上となる「ミリオンセラー」が、ニンテンドーDS用の「ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2」(ポケモン)と、ニンテンドー3DS用の「とびだせ どうぶつの森」、「Newスーパーマリオブラザーズ2」(いずれも任天堂)の3作に終わった。近年、ピークだった平成18年(14本)に比べ、ほぼ5分の1の水準。だが、確実に数字が見込めるコンテンツを抱えた任天堂が“独り勝ち"となった形だ。

こうした中で、バイオハザードや逆転裁判シリーズなど、多数のヒット作を抱えるソフトメーカー大手カプコンは、看板タイトルのひとつ「モンスターハンター」シリーズの続編についてこう答えた。



「脱プレステ」追認

「PS(ソニーのゲーム機プレイステーションシリーズ)向けは最近、手がけていませんよ」
同社の最新作「モンスターハンター4」は、3DS向けに来年夏の発売を予定しているが、PSヴィータやプレイステーション(PS)3など、SCEのゲーム機向けへのアナウンスはなされていない。ファンの間でささやかれた「ソニー向けの発売はない」という情報を、事実上
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130105/wec13010507000000-n2.htm

質問者:竹島は日本領
質問日時:2013-01-05 13:29:14
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
開発に金がかかりすぎるのは日本固有の問題ではありません。アクティビジョンやEAといった海外大手のゲームパブリッシャーもハイグラフィックによる開発費高騰→売上初動型市場への変化→広告費高騰の流れで危機的状況に陥っています。

PSVITAは性能的にしょぼいから敬遠されているのではなく、(ハードが売れていないので)開発費がかかる割に売上が見込めないから敬遠されているのだと思います。
VITAより性能的に劣る3DSの方が売上が見込めるから3DSで出す。そういうものです。

回答者:匿名
回答日時:2013-01-12 08:48:54

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
お金をかけすぎているので売れなかった時のリスクは当然大きいで...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-01-12 00:09:00

この回答の満足度 ★★★★★
企業も利益を考えて戦略を練っています。ゲーム市場は競争が激...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-01-05 21:45:44

この回答の満足度 ★★★★★
ゲームの開発と製品の利益という観点から見れば現状、携帯ゲ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-01-05 20:22:38

この回答の満足度 ★★★★★
どっちにも需要があるのでどちらも並行してやればいいです。二択...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-01-05 14:50:50

この回答の満足度 ★★★★★
そうかもしれないです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-01-05 14:10:48

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ