Sooda!
 閲覧数:122
アレフ勝訴の名誉毀損訴訟で都側が控訴しました。

国松警察庁長官の銃撃を巡って、「オウムのテロ」との捜査結果を公表した問題です。

皆さんはこの問題をどのように考えますか?


産経新聞 1月28日(月)13時1分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130128-00000529-san-soci

平成7年の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効成立に伴い、警視庁が「オウム真理教信者による組織的テロ」とする内容の捜査結果を公表したことで名誉を傷付けられたとして、教団主流派「アレフ」が東京都などに損害賠償を求めた訴訟で、都側は28日、100万円の支払いと謝罪文の交付を命じた1審東京地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。

警視庁は時効成立を受けた22年3月の会見で「事件はオウムの信者グループが組織的・計画的に敢行したテロ」とする捜査結果を公表。

1審は名誉毀損(きそん)の成立を認めた上で、不起訴の容疑者を犯人と断定、公表した点について「無罪推定の原則に反するばかりでなく、刑事司法制度の基本原則を根底からゆるがす」と厳しく批判していた。

(参考記事)

◇完全敗北…警視庁OB「意外な判決」 アレフ側は「当たり前のこと」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/622171/

警察当局にとって、「完全敗訴」というべき判決だった。警察庁長官銃撃事件で「オウム真理教信者による組織的なテロ」との捜査結果を警視庁が公表したことをめぐる名誉毀損(きそん)訴訟で、東京地裁は15日、被告の東京都に100万円の支払いとともに、謝罪文の交付まで命じた。

警視庁OBは「意外な判決」と驚く一方、教団主流派「アレフ」側は「(判決は)当たり前のこと」と改めて警視庁側の対応を批判した。

「司法の原則に沿わなければいけないという判断は理解できなくはないが、意外な判決だとは思う」

オウム事件の捜査に長年携わってきた警視庁公安部OBは、「アレフ」全面勝訴の判決に驚きを隠さない。

公安部は当時、公表した捜査結果で、匿名にしつつも元幹部や信者の事件前後の動向を詳細に示した。

不起訴になった教団関係者を犯人と断定して公表したことは人権侵害に当たるとの指摘には、幹部は「公益性と社会正義との均衡を考慮した。刑事責任を問うことと、捜査結果を分析した結果を国民に報告することとは違う。法的に問題があるとは考えていない」と説明し、正当性を主張していた。

公安部OBは「犯罪を捜査する司法警察ではなく、公共の安全や秩序の維持を目的とする行政警察の立場でいえば、捜査結果をそのまま放置しておくことはできなかった」と、公益上必要な措置であったことを強調した。

質問者:匿名
質問日時:2013-01-28 18:08:54
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
確固たる証拠が無ければ罰することが出来ないのですから

当然と言えば当然でしょうけど、警察も焦りから見切り発車してしまった感が

否めないです。もっと慎重に脇を固める必要があったのかもしれません。

回答者:匿名
回答日時:2013-02-04 00:31:12

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
証拠も無く、犯人扱いするのは法治国家として許されません。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-04 08:18:56

この回答の満足度 ★★★★★
妥当な判決だとは思いますがもっとちゃんとした捜査なりをしてほ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-03 19:37:38

この回答の満足度 ★★★★★
どう見てもオウムの犯行だと思いますが。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-02 19:53:12

この回答の満足度 ★★★★★
キチンとした証拠を提示して犯人を逮捕、起訴できなければ敗訴に...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-01-28 23:45:02

この回答の満足度 ★★★★★
未だ確定はしていないようだが・妥当な判決>行政警察の立場公安...詳細

回答者:無神論者
回答日時:2013-01-28 18:36:16

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ