Sooda!
 閲覧数:136
元巨人の桑田真澄投手が、46連敗中の東大野球部をコーチとして指導指導しています。

【桑田特別コーチの東大、変身の京大に続け】
http://www.sanspo.com/etc/news/20130129/amk13012905000000-n1.html
サンケイスポーツ 1月29日

元巨人投手の桑田真澄氏が、東京六大学野球リーグで46連敗中の東大野球部の特別コーチとして指導を始めた。

初日の27日は当初予定になかった実技指導でノックバットを握り、投球の手本を見せた。座学では「野球の常識を疑おう」「ストライクを取る公式を知ること」などと、独自の哲学を伝授したという。

すぐに強くはならないにしても、選手に「やる気」が出るのは確かだろう。投手が好投して少ない得点を守り切るのが東大の勝ちパターン。

「東大の投手は高校時代、強豪校との対戦経験が少ない。打者との駆け引きなど経験がものを言うが、桑田さんが教えれば飲み込みも早いだろう」と他校のOBは話す。

桑田氏を招いた浜田一志新監督は進学塾のカリスマ経営者として知られた人。昨秋までOB会役員として野球もそこそこ強い進学校200校以上を回り「東大で野球を」と呼びかけ、勉強方法まで助言した。

「東大を強くしたい」の熱意は人一倍で、「時間が許せば毎日でもきたい」という桑田氏と波長はぴったり合うようだ。

西では関西学生リーグの京大が、沖縄・興南高を甲子園常連に育てた名将比屋根吉信氏を09年末に監督に迎えた。昨年春の関学戦で連敗を60で止め、秋も関大に1勝するなどたくましく変身。

「基礎作り、意識改革ができた」と昨秋を最後に退任したが、外部の血に刺激を受け進化した好例だろう。

東大には推薦入学はなく圧倒的に不利な立場だが、「東大に1敗でもすると優勝は厳しくなり、絶対落とせないと逆に東大戦は緊張するものだ」と前出のOB。そんな相手の心理を巧みにつく投球術を桑田氏が伝授して、リーグ戦を盛り上げてもらいたい。(今村忠)

・・・・確かに東大に合格しないと東大野球部には入れないので、負けるのは無理のないところです。

この記事を読んでどのように思いますか?

質問者:匿名
質問日時:2013-02-01 15:57:19
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>野球

ベスト回答
桑田さんから学べる事は大きいですね。

野球の技術だけで、真摯に取り組む野球への姿勢など深い部分まで

勉強できる所が沢山あると思います。

回答者:匿名
回答日時:2013-02-08 00:36:41

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
桑田って理知的な人だなぁとつくづく思いました。東大野球部に期...詳細

回答者:きよはらとはちがうね
回答日時:2013-02-07 12:54:47

この回答の満足度 ★★★★★
すごく期待してます。体罰がなくても、変われるのだということを...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2013-02-06 10:47:21

この回答の満足度 ★★★★★
プロの監督になるための勉強でしょうか。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-02 13:45:47

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ