Sooda!
 閲覧数:196
遠回しに告白する男性について教えてください。
一年近く友達以上恋人未満だった男性がいます。
食事やドライブに時々行く仲でした。

この度、以前から彼が希望していた海外赴任がきまり食事にさそわれました。
その時の会話なのですが、あとで告白だったと聞かされました。

どうしてこのような言い方になったのだと思いますか?
彼の言葉を書かせていただきます。
(駐在員の方やその奥さまについて、かなり偏った内容かと思いますが、そこへのご批判はご容赦ください。申し訳ありません。)


外国駐在員の奥さんになるのが絶対いいですよ!特にタイ!運転手さんも家政婦さんもいて、何にもしなくていいんですよ!
旦那さんあまり帰ってこないし!外国駐在員の人数自体少ないから忙しい。一人でやることになるから。夜中も業務メール返ってきてますよ。

妹にも駐在員の奥さんになれって言ってるんですよ。(私と同い年の妹さんがいます)
子供はインターナショナルスクールに行って、自然と英語話せるようになるんですよ。
だから知らぬまに英語話せるようになってるんですよ。
だからタイはいいですよ!でもアメリカだと自分でやらないといけないですけどね。
物価も日本とほとんど変わらないですし。

(駐在員をしている旦那さんは帰りが遅いという話をしていて)
私Qいつ休むんですか?
彼A隙間じゃないですか?

私Q旦那さんいない時は何して過ごしてるんですか
彼Aエステですエステ

彼は仕事はできるようですが、私が接してきた限りかなりの口下手で、感情はめったに言葉にしません。。。
タイ駐在の良さを語っていますが、彼の赴任地はアメリカです。
以前から、私がタイが好きだと話していたかもしれませんが、、、

ハンカチのプレゼントをいただきました。ただハンカチはお別れのしるしですよね。
そのことを知らずにくれたのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者:natuna
質問日時:2013-02-13 21:27:48
カテゴリ:恋愛・人間関係の悩み>恋愛

ベスト回答
「将を討たんとすればまず馬を射よ」ですね。

男は基本的に照れ屋だから、まともに心の中を伝えられません。
歯の浮くようなプロポーズをストレートに言えるのは、いろいろな女性をナンパして場馴れした男であって、そこに真心はありません。
「巧言令色すくなし仁」ともうず〜〜〜〜っと昔から言い伝えられている真実です。
心のこもった告白というのはスマートでなく垢抜けていません。だから伝わらない。
これを昔の言葉では「赤誠」とか「赤心」といいます。

ただ、最後にあの時は自分なりのプロポーズでしたという言い方というのは、あの時の言葉が1つのプロポーズであり、「・・・でした」という過去形の言葉も2回目のプロポーズです。

日本人のテレというのはもともとそういうものだと知っておいてください。
今ではなかなかなくまりましたが、日本人の会話というのはお互いが正面を向いて会話をするのでなく、景色を見ながら、目を合わせないで心だけ通わせて会話をする文化があります。

なので、もしあなたがその人を好きで結婚してもいいかなとおもっているならまだ間に合いますよ。
別に恋の対象外ならば、本番の時に照れ屋の男性はそういうものだと知っておいてください。

回答者:vergessen mir nicht!
回答日時:2013-02-13 23:17:24

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
口下手な男性と考えると、海外赴任の良さをアピールしてその素...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-20 00:15:11

この回答の満足度 ★★★★★
一年も好きな女の近くに居てセックスレス通せる男なんざ居ねえよ...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2013-02-15 14:34:16

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ