Sooda!
 閲覧数:103
素朴な疑問なのですが・・・
日本でスーツにストッキングを履くことがマナーになったのは、いつ頃からですか?

私の母(50代)が若いころは完全に定着してはいなかったと聞きました。
私自身は会社支給の制服を普段着ているので、履くのは冠婚葬祭の時ぐらいです。
改めて考えると、わざわざ簡単に伝線するものを履いて、寒そうな恰好だなと思うのですが。
効率がいいとはいえませんよね?すぐ新しいものを買うことになるだろうし・・・

女性の化粧とかリクルートスーツみたいに商売戦略の一種なのでしょうか?

質問者:kumokumo
質問日時:2013-02-15 17:59:20
カテゴリ:ファッション>ファッション全般

ベスト回答
1968年に国産品が大量生産されるようになった時だと思います。
そして中流以上の家庭では靴下は子供が履く物で大人はストッキングを履くのが正しいとされて来たそうです。
現在のストッキングは簡単に伝線しませんし、寒くありません。
履いてみるとわかりますよ。
パンティストッキングはファッション性よりも実用性がされており、
商戦とは関係がありません。
また、女性の化粧についても同じです。

回答者:時代錯誤です
回答日時:2013-02-17 01:20:51

この回答の満足度 ★★★★☆
お礼コメント
回答ありがとうございました。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
スーツはスカートか、パンツによりますが。パンツの時には靴...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-16 20:55:49

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ