Sooda!
 閲覧数:252
中2歴史についてです。

江戸時代の身分差別の大部分となった農民…百姓は、土地を持ち年貢を納める本百姓と、土地を持たない水呑百姓に分かれると勉強しました。

今の説明からすると…
水呑百姓は、年貢を納めない、ということなのでしょうか?
だとしたら四公六民なども本百姓しか納めていなかったのでしょうか。

次の定期考査を控えた今、授業内では社会はもうなく先生に聞きに行けるタイミングもなさそうですごく困っています。
部分的でも良いので回答お願い致します。
===補足===
鎖国中、対馬藩が朝鮮と貿易している、とありますが
将軍の代替わりごとに朝鮮通信使が来日していた、というのは幕府に…江戸に行っていたということでしょうか。

幕府とも関わり合っていたということでしょうか。

質問者:milky*
質問日時:2013-02-21 22:53:02
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>歴史・地理


↓↓現在集まっている回答 1〜2件/2件中
江戸も末期になると支配階級の武士は半分近くなので、税金は農民...詳細

回答者:知られない歴史もあります。
回答日時:2013-02-22 11:20:58

この回答の満足度 未設定
年貢は土地(農地)に対して掛かるものなので当然土地を持たない...詳細

回答者:やす
回答日時:2013-02-22 01:00:18

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ