Sooda!
 閲覧数:158
大津いじめは第三者委が、「事実究明する姿勢甘い」「いじめが自殺の要因」との報告書を出しました。

どう感じますか?

産経新聞 2013.1.31 23:32
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130131/crm13013123330034-n1.htm

大津市で平成23年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、自殺の原因解明に向けて市が設置した外部有識者による第三者調査委員会は31日、同級生による男子生徒への行為を「いじめ」と認定し、「いじめが自殺の直接的な要因となった」と結論づけた報告書を、越直美市長に提出した。学校や市教委について「事実を究明する姿勢が甘かった」などと厳しく指摘した。

報告書でいじめと認定した同級生の行為は、体育大会で口、顔、手足に粘着テープを巻き付けられた▽何度もズボンを脱がされた▽勉強部屋を荒らされ、財布を隠された−など19件。

このうち、生徒アンケートの中に記載がありクローズアップされながら、県警の捜査では認定されなかった「自殺の練習」については、「同級生が窓から身を乗り出すような形をみせて『同じようにやれ』と命じたことがあった」と強要していた、とした。

第三者委は昨年8月発足し、遺族が推薦する委員も加わって調査を進め、学校や市教委の「隠蔽(いんぺい)体質」にも焦点が当てられた。

教委が家庭環境を自殺の要因の一つとして示唆した点については「要因とは認められない」と断じた。

一方、「自殺前はいじめは認識していなかった」と強調していた学校側に対し、報告書で「いじめではないかという教員は複数いた」と指摘。いじめに気づいた生徒や教諭がいたにもかかわらず助け出せなかった背景について、年度初めには静かだった男子生徒のクラスが6月以降に荒れていき、「クラスからはいじめ行為を抑止する効果が失われていた」とした。

また、自殺を選んだ男子生徒について「14階から飛び降りることにより『暗いいじめのトンネル』を抜けようとした」とその思いを代弁している。

報告書を受け取った越市長は「大変厳しい指摘をいただいた」と謝罪。男子生徒の父親は「息子に代わり、必死に丁寧に調査していただいた」と第三者委に感謝の意を示した。

・・・・この第三者委員会の報告書でも「自殺の練習」を加害同級生が命じた事が指摘されています。だから普通に捜査すれば分かるはずなのに、警察が「自殺の練習」を立件しなかったのは本当に不思議だと私は感じます。

やはり地域の有力者や議員から警察幹部へ、事件の矮小化・もみ消しの働きかけが強く行われたのでしょうか?

質問者:匿名
質問日時:2013-02-24 04:36:54
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
地元の有力者や地元の市議・県議・国会議員からは、署長をはじめ警察幹部へ、事件の矮小化・もみ消しの働きかけは当然あったでしょう。
それも複数のルートで、強く行われたでしょうね。
かなりの金も動いていると思います。

地元の市議・県議・国会議員に誰がいくら献金したか、徹底的に調査すべきです。
警察は信用できないです。

回答者:匿名
回答日時:2013-02-25 19:56:07

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
今頃直接的無い要因であったという結論に達しても遅いし何も変わ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-03-03 00:02:09

この回答の満足度 ★★★★★
これはあくまで推測ですが、警察としては不得意分野だったのでは...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-24 09:36:36

この回答の満足度 ★★★★★
ちゃんと調べてほしいです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-24 08:28:10

この回答の満足度 ★★★★★
関係者であっても本心では皆自分成ではないと思っているのではな...詳細

回答者:あまのじゃく
回答日時:2013-02-24 05:05:04

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ