Sooda!
 閲覧数:132
このような隠ぺいが行われるから、自殺が起きるのではないでしょうか?

★バレー部の体罰再発、市教委へ報告せず 校長、事実上の隠蔽認める
2013.1.10 23:26 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130110/crm13011023300022-n1.htm

大阪市立桜宮高校(都島区)の男子バスケットボール部主将が体罰後に自殺した問題に関連し、佐藤芳弘校長が、平成23年9月に体罰で懲戒処分を受けた男子バレーボール部の男性顧問(35)が昨年11月、部員の1年の男子生徒(16)に再び体罰を加えていたことを知りながら、市教委へ報告していなかったことが10日、分かった。佐藤校長は同日夜、記者団に対し「事情があり説明を控えた」と述べ、事実上、隠蔽(ぺい)を認めた。

自殺問題を受けた9日の保護者説明会でも体罰の事実を公表しておらず、市教委は佐藤校長や顧問ら関係者から詳しく事情を聴き、厳正に処分する方針。

バレー部で体罰が再び行われているとの保護者からの指摘を受けた市教委が10日、桜宮高に問い合わせ、体罰があったことが発覚し、公表した。

市教委によると、顧問は昨年11月8日朝の練習中、1発ずつ計2回、平手で生徒の頭をたたいたという。

顧問は体罰を認めた上で、動機について「1週間ぐらい前から自主的に行動するよう指導していたが態度が変わらず、手が出てしまった」と話したという。

顧問は19年4月から桜宮高に勤務。部員6人を計250発平手打ちしたとして23年9月、停職3カ月の懲戒処分を受けていた。

市教委は体罰後の報告状況についても調査。顧問は「翌日に教頭に報告した」と説明したが、教頭に記憶はなかった。一方、同13日に別の教員から体罰の報告を受けた記憶はあり、文書でも残っていた。

教頭は同15日に口頭で佐藤校長へ報告したと説明し、佐藤校長も報告を受けた事実を認めた。佐藤校長には、市教委の内規に基づき「事故報告書」を作成し、市教委へ提出する義務があった。

バスケット部主将の自殺をめぐる9日夜の保護者説明会では「バレー部顧問がまた体罰をしているのでは」との質問が出たが、顧問は否定。このとき佐藤校長は無言を貫き、その後の記者会見でも「今後調査する」とだけ答えていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

都合の悪い事があると市教委に報告せず、保護者会でも無言を通す・・・こういうタヌキの様なずるい男が校長をやってるから、生徒に自殺者が出たのでしょうか?

また隠ぺいの一番の目的は、校長としての自分の管理責任が問われるからではないでしょうか?

質問者:匿名
質問日時:2013-02-24 15:06:31
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
隠蔽体質がなくならない限り自殺は起こる

まさにその通りだと思いますね。生徒たちの事ではなく自分たちの保身の事ばかり

考えているので隠蔽体質もなくならないのだと思います。

回答者:匿名
回答日時:2013-02-24 20:26:10

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
其の通りだと思います。まったく困ったものです。このような人格...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-25 19:51:26

この回答の満足度 ★★★★★
そう思います。ひどいですね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-02-24 16:18:36

この回答の満足度 ★★★★★
その通りです。風通しの悪い組織は危険です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-24 15:53:23

この回答の満足度 ★★★★★
そうですね。学校のこういう隠蔽体質が続くようではいじめや体罰...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-02-24 15:39:11

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ