Sooda!
 閲覧数:62
ホームレスの多くが、違法な長時間労働やいじめに近い指導で、働く意欲をなくしている事が分かりました。

どのように考えますか?

★若者ホームレスは孤独感でいっぱい
http://kaze.shinshomap.info/interview/toki/10/02.html

雇用関係の法律違反、例えば解雇権の乱用であったり、労働基準法を無視した労働時間であったり、労働保険に加入していないなどが、当然のように行われていq
ことが分かります。

政府が掲げる雇用創出の前にやるべきことがあると思うのですが。

飯島 確かに新しく雇用を生み出すよりも、今の雇用環境を見直すことは大事ですね。若者ホームレスの中には、過去の就労経験がトラウマになっている人が多いこともわかりました。

いじめに近い"指導"を受けたとか、毎日12時間以上働かされたなど、劣悪な雇用条件で働かされた人も少なくありません。

こうした経験によって仕事に対するポジティブな感情が持てず、働くという意欲がわいてこないのです。

また労災や失業手当など、労働者としての当然の権利自体を知らない人が多いのも事実です。

仮に知っていたとしても上司がこわくて言いだせなかったという人や手続きが難しいと言われ、断念したという人もいます。

自分の権利を主張する、不当な扱いを受けたらNOと言うとか、ある程度の教育を受け、社会経験がある人なら難しいことでないかもしれません。でも若者ホームレスの人たちはそれができないんです。

「中卒で、何をやっても失敗ばかりの自分にはどうせ無理だ」とあきらめてしまう。ハローワークに行くのも職歴や経歴に自信がなく、ためらってしまうんですね。

子どもの時から自己肯定感が乏しいことが、「どうせ何をやってもダメだ」というあきらめの境地に追い詰めているように思えてなりません。

質問者:匿名
質問日時:2013-02-25 03:57:19
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
労働環境改善なくしてこの国の再生はあり得ないと思いますね。

回答者:匿名
回答日時:2013-02-25 05:55:22

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ