Sooda!
 閲覧数:457
無理心中に失敗して自分の子供3人を殺害した女性に有罪判決が言い渡されましたが、なぜ、死刑にならないのでしょうか?

子3人殺害で懲役23年=無理心中の母「身勝手」−鹿児島地裁

鹿児島市の民家で昨年3月、無理心中を図り子ども3人を殺害したとして、殺人罪に問われた母親(38)の裁判員裁判の判決で、鹿児島地方裁判所(中牟田博章裁判長)は15日、懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2013031500061

永山基準を厳格に適用するのであれば、死亡者が3人も出ている事件ではまず死刑回避できないはずです。
そうでなくても、子供が親を殺す事件では以前なら尊属殺規定で死刑か無期以外なしだったのに対し、逆に親が子供を殺した事件ではかなり甘い判決が出るケースもあります。皆さん不公平だと思いませんか?

質問者:名無しさん
質問日時:2013-03-15 23:16:11
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
自分の子供三人って・・・死刑以外ないでしょうね。

どんな理由がっても3人もの命を奪ったのですから、考慮されるべき事なんて

無いはずです。

回答者:匿名
回答日時:2013-03-16 02:26:24

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
常識的に考えれば、当然ですよね。控訴審で誤りが正されるように祈っています。

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
死刑は被告人の更正の余地が見込めない場合の措置。世の中への見...詳細

回答者:ぐーたら
回答日時:2013-03-16 14:51:17

この回答の満足度 ★★★★★
不公平・・・なのかも知れませんが、罪を問う場合に重要なのは動...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-03-16 00:15:05

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ