Sooda!
 閲覧数:857
学校内の不祥事に、だんまりを決め込んでいる先生ばかりなのはなぜでしょうか?

いじめ・体罰での自殺、学校事故の隠ぺいを告発する勇気ある先生が出ないのは、これが原因では?

★「指導力不足教員」―全国各地で教委・校長の恣意的認定続発
http://blog.livedoor.jp/sho923utg/archives/51519955.html

岡山地裁・広島高裁と勝訴した「指導力不足教員」Aさんは県教組分会長であった。つまりAさんはネライ撃ちされたのだ。

事態は10年前に危惧したとおり、制度は教委・管理職に「気に食わぬ教員をパージ(追放)するフリーハンドを与え」「恣意的(勝手気まま)に運用されて教員の差別と弾圧に利用」されている。そうした事例が全国各地で起きている。

私は「指導力不足教員」制度そのものが必要ないと考える。こんにち「学級崩壊」に代表されるように、若手・ベテラン問わずに子どもの指導は困難をきわめている。

今までの教育技術が全く通用しない「教師受難の時代」が到来し、だれもが「指導力不足教員」の認定対象たりうる。

教育はマニュアル通りいかず、教員は失敗を重ねながら子どもとともに成長する。失敗に学ぶことこそが教育の営みである。

試行錯誤を許さぬ教育行政の「指導力不足教員」の烙印は、教育の否定である。自らの責任を棚上げして、教育荒廃の責任を教員のみに転嫁する無責任行政の典型である。

しかし世の中には問題教師もおり制度も必要だと思う人もいるだろう。だがよい教員・悪い教員を容易に識別できるほど教育は単純ではない。教育の評価は価値観により多様で教員集団による協働の営みが大きく、個別の評価には適さない。

制度の根本問題は誰がどのように「指導力不足教員」を認定するかだ。

歴史学者の故羽仁五郎は立法・制度の根本原則を、(1)必要のない法律・制度は許されず、(2)乱用のおそれのある法律・制度もまた許されず、(3)弊害のある場合その弊害を救う方法がない法律・制度は立法権の乱用であると主張した。

なにより問題なのは認定が校長連中によって行われることだ。出世のために教育の理想も良心も捨てたのが管理職である。こんな連中の「指導」で教員の指導力が回復するとはとても思えぬが、連中によって「指導力不足教員」と認定される教員は明らかだ。

職員会議で管理職にもの言いする反骨教員、教員集団に足並みそろえぬ個性派教員、教科書を使わぬ実践派教員、勤務条件の改善に取り組む活動派教員・・・・。

認定制度は管理職に自分の気にくわぬ教員をパージするフリーハンドを与える。現にある学校では教職員を前に、「これはリストラ策だ」といった校長がいる。

認定理由などいかようにでも解釈でき、恣意的に運用されて教員の差別と弾圧に利用されるだけである。

「指導力不足教員」制度は、教員を萎縮させ・迎合させ・意気消沈させ・やる気をなくさせる。創造的で独創的な教育実践は息の根をとめられ、学校には事なかれ主義がはびこり、小役人タイプの教員ばかりになる。

学校はますます活気を失い、無責任主義が横行し、教育荒廃にいっそう拍車がかかる。

追いつめられた教員の病気休職などが続発することが危惧される

質問者:憂国者
質問日時:2013-03-28 01:34:04
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
どこの会社にも「上司の顔色をうかがう」現象はありますが、教員の世界には「指導力不足教員認定制度」なる公けに認められた管理職権乱用制度があるとは思いませんでした。これでは部下(教員)は萎縮するばかりで声もあげられません。

回答者:とくめいきぼう
回答日時:2013-04-03 12:00:09

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
何かをしたくても出る杭は簡単に打たれてしまいます。目立たぬよ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-04-04 00:01:18

この回答の満足度 ★★★★★
先生なる奴なんて所詮、安定路線でなる奴多いですから波風立てず...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-04-03 20:06:43

この回答の満足度 ★★★★★
指導力不足教員のでっち上げなんてずっと前から各種サイトで騒が...詳細

回答者:島節子
回答日時:2013-03-29 09:01:28

この回答の満足度 ★★★★★
お互いに傷をナメあっているのではないですか。表面されているこ...詳細

回答者:あまのじゃく
回答日時:2013-03-28 16:34:45

この回答の満足度 ★★★★★
なるほど、ひどいもんですね。教育の世界、腐りきってますな。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-03-28 08:23:58

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ