Sooda!
 閲覧数:319
この不登校の子供に懸命に対応した先生を、どう感じますか?

毎日新聞 2013年01月27日要約
http://mainichi.jp/feature/news/20130127ddm041100069000c.html

佐賀市で開催中の教育研究全国集会で26日、いじめ問題の対応に苦慮する教員の発表があった。

数年前に担任した小学5、6年の2年間、いじめを受け不登校の男児のケースを紹介。

教員同士の連携の問題点や子供たちへの具体的な指導法を、参加者らと話し合った。【石丸整】

参加した東日本の40代女性教員が発表した。男児は低学年の頃からいじめを受け、学校を休みがちだった。

5年生で担任した際、生活指導担当の教員から「欠席が年30日を超えれば教育委員会への報告が大変」と言われた。

休みがちなので、周囲の児童は「掃除などの当番の負担が増える」と男児を避け、女性教員は「関わりを持たないタイプのいじめ」と捉えた。

6年で男児が数日休んだ際にクラスで話し合った。子供たちからは「(男児は)暴言をはく」等の不満が出た。

女性教員は「男児がいなくなれば平和? どうなればあなた達の『世界』は住み心地がいいの?」と考えさせた。

話し合いの内容を男児と保護者にも伝え、男児の「避けずに関わって」という希望を子供たちにも話した。その後、男児は登校するようになり修学旅行も参加した。

女性教員は「『人と共に暮らすと温かくてうれしい』という思いを子供たちに持たせ、クラスで本音で話す時間が必要」と説明した。

発表に対し、長崎県の教員は「いじめや不登校への対応のうまさを競わず、学校の在り方を問い直すべき」と指摘。

岡山県の教員は「いじめは不名誉で指導力がないとみられる」、宮崎県の教員も「指導力不足と思われないようSOSを出せない」と現状を話した。

・・・・・私は(先生方が指導力不足のレッテルを恐れ、他にSOSを出せないのは大きな問題。生活指導担当の先生も「教育委員会への報告が大変」なんて自分の都合ばかり言わず、まず子供の事を第一に考えてほしい)と思いました。

質問者:御手洗徳治
質問日時:2013-03-29 08:18:58
カテゴリ:子育て・学校>学校・教育>小・中学生

ベスト回答
低学年の頃から続いた虐めは、普通の先生ではそう簡単には直せません。
この先生は優秀な方で幸運でした。

この記事には、最近の学校のシステム上の欠陥が如実に出てます。
まず先生たちは協力するのが当たり前なのに、ほかの教師に
「指導力不足と思われないようSOSを出せない」というのがそもそも変です。

また「教育委員会への報告が大変」等と、教委の方ばかり向いている生活指導担当の教師も変。こういう上(校長、教委)ばかり見ている先生を「ヒラメ先生」と言います。

そんな台詞を言う暇があったら、自分もその不登校児童に対応すべきです。

回答者:元木泰典
回答日時:2013-03-29 08:33:42

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
久しぶりに良い先生が現れたという感じですね。このような先生が...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-03-29 23:49:48

この回答の満足度 ★★★★★
なかなか珍しい先生ではないでしょうか。やはり文中にもあります...詳細

回答者:いじめ0は幻想
回答日時:2013-03-29 19:11:25

この回答の満足度 ★★★★★
生徒達に対して正面から向き合える教員は珍しいと思います。大抵...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-03-29 17:51:59

この回答の満足度 ★★★★★
おっしゃる通りです。教育の世界、根本からおかしいですね。改革...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2013-03-29 10:01:16

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ