Sooda!
 閲覧数:124
こういう大事件を起こす犯人の状況をどう思いますか?

◆銃器殺傷の犯人に共通するもの
http://hiro12.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-5163.html
「問題行動の指導」2012年12月28日より抜粋

米国の銃器殺傷事件やいじめ・うつについて、カニングハム久子(臨床教育スペシャリスト)は次のように述べている。

アメリカで繰り返される学校内での銃撃事件の犯人にほぼ共通するものは、

(1)未成年で白人

(2)貧困家庭でなく郊外や田舎に住んでいる

(3)「うつ病」で抗うつ剤の服用者、ADHD(注意欠陥多動性障害)をコントロールするリタリンを服用・併用(投薬で犯罪を犯したとか、疾病が犯罪の原因という意味でない)

(4)親たちが子どものふだんの行動に注意を払っていなかった

(5)親の銃器類の管理が甘かった

などがある。

また、「いじめ」にたえかねたあげくの復讐行為であることもある。「いじめ」にたえられなくなったとき、日本の子どもは「自殺」を選び、アメリカの子どもは「他殺」に走る。この相違は大きい。

……日本では銃の乱射こそありませんが、無差別殺人は時々起っています。

秋葉原通り魔事件(08年、17人死傷)、附属池田小学校事件(01年、23人死傷)、大阪個室ビデオ店放火事件(08年、25人死傷)、松本サリン事件(94年、死者8人・重軽傷者660人)、土浦連続殺傷事件(08年、9人死傷)、地下鉄サリン事件(95年、13人死亡、負傷者約6,300人)、仙台アーケード街トラック暴走事件(05年、7人死傷)、下関通り魔殺人事件(99年、15人死傷)などです。

質問者:匿名
質問日時:2013-04-14 11:55:41
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
一概には言えないでしょうが、米国の場合、銃が手に入りやすいせいで、未成年や低年齢層ですらも、容易に大きな殺人事件を起こせるような気がしますね。

教育というか、子供達の状況にしても、日本と似たり寄ったりというか、社会全体の歪みの弊害が、子供達にも影響を与えているのかもしれません。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-04-14 12:37:01

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
銃規制を徹底するべきだと思いますね。簡単に銃が手に入れば映画...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-04-21 00:29:00

この回答の満足度 ★★★★★
現在の日本と同じ状況だと感じます。アメリカの場合はライフル協...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-04-14 13:38:31

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ