Sooda!
 閲覧数:63
あなたは何か健康に気を付けていますか?またこういう話をどう思いますか?

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2080.html 要約


戦前の死亡原因としてもっとも深刻だったのは、肺炎や胃腸炎といった感染症であった。

肺炎と気管支炎を合計すると1899〜22年まで第1位の死因。

特に1918年から20年のスペイン風邪は、世界で約2500万人、日本でも38万余の死者を出している。

1923年の東京・大阪の平均寿命は約43歳。食中毒の死者も1945年には1.848人を記録している。

1930年代から戦後しばらくは結核が死因第1位。

戦後、結核に有効な化学療法が開発され、BCG接種による予防、ツベルクリン検査、全国民の胸部 X 線検査で事情は一変した。

また戦後は、栄養状態の改善やサルファ剤、抗生物質などの出現で感染症が大幅に減少した。

代わって癌、脳血管疾患(脳卒中、クモ膜下出血など)、心臓疾患など老化と結びついた疾患が増大してきた。

これらは3大成人病と称され、糖尿病、慢性肝疾患などは「生活習慣病」と呼ばれる。

近年は、生活習慣病の中でも脳血管疾患の死亡率が低下し、癌と心疾患の死亡率が上昇、高齢者が肺炎が死ぬことが多くなっている。

質問者:新渡戸 良子
質問日時:2013-04-26 12:22:36
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
とくに健康には気をつけていないです。

時代ですね。
昔と違って、今は医学が進歩しましたが、医学と進歩したと同時に食事内容も変化しましたから、その時代の食事内容によって、病気の死亡原因の内容に影響が出ているのですから、これも時代だと感じる内容だと思います。

回答者:匿名
回答日時:2013-04-26 13:11:50

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/10件中
運動不足なので時間があればサイクリングに出かけています。体...詳細

回答者:石仮面
回答日時:2013-05-03 11:00:04

この回答の満足度 ★★★★★
年々食生活と運動する事には気をつけていますね。やはり体が資本...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-03 00:07:35

この回答の満足度 ★★★★★
毎日ウォーキングですね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-01 02:14:25

この回答の満足度 ★★★★★
カロリーには気を付けています詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-04-30 16:23:49

この回答の満足度 ★★★★★
適度な運動をすること、規則正しい生活をすることです。「193...詳細

回答者:佐藤 清博
回答日時:2013-04-27 17:48:07

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ