Sooda!
 閲覧数:128
シベリア抑留者は、その後ロシアに住み続けているのでしょうか。ハッピーライフとは程遠いのでしょうか。

シベリア抑留者数の徹底調査を 2012年3月 Minade Mamoru Nowar

1.シベリア抑留者帰国時の聞き取り調査結果資料
抑留された日本人捕虜の総数は、763,380人と推定

ソ連地区からの引き揚げは1946年(昭和21年)12月から始まった。
1946年(昭和21年)12月 引き揚げ船5隻 引揚者数 12,610人
1947年(昭和22年)4月ー12月 舞鶴 引き揚げ船83隻 引き揚げ者数176,581人
1947年(昭和22年)9月−12月 函館 引き揚げ者数 19,184人、合計208,375人

1947年12月までに208,375人が引き揚げてきた。復員庁は彼らの上陸時に徹底した
聞き取り調査を行った。その結果をまとめたものが下記の表である。

帰国者208,375人に、死亡者77,107人、残留者477,898人を加えて、
当時、日本政府はシベリア等へ拉致移送されたものの総数は763,380人と推定していた。
(『戦後強制抑留史 第二巻』(平和祈念事業特別基金 2005年発行)第181頁)

復員庁留守業務局鮮満残務整理部作成
ソ連地区収容所掌握概況表 1947年(昭和22年)12月1日現在

注:上記の通り、1947年年末までにシベリア等から帰還した日本人捕虜は、
208,375人である。
この概況表は、その208,375人の証言に基づいて作成されている。
従って、この概況表に記載された数字が、絶対的に正しいとは言えないと思うが。http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/GouioHakiseyo.html

質問者:シベリア抑留者73万人
質問日時:2013-05-03 10:39:17
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
住み続けた人も恐らく沢山いたでしょうけど

やはり祖国に戻って暮らせることが一番ハッピーであり、それ以上のものは無いと

思いますね。

回答者:匿名
回答日時:2013-05-10 00:32:06

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
日露両国政府の調査が不可欠だと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-05 06:44:25

この回答の満足度 ★★★★★
殆どの日本人は強制労働等で命を落としていると思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-04 21:27:22

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ