Sooda!
 閲覧数:38
尖閣諸島は明代から中国領土だったのですか。尖閣を取ると、いくらくらいの油田が手に入るのですか。


「遅くとも明代から中国領土」共産党機関紙が論文
2013.5.10 21:35 [中国]

10日付の中国共産党機関紙、人民日報は尖閣諸島(沖縄県石垣市)諸島(中国名・釣魚島)について「最も遅くとも明・清の時代から、分割できない中国の領土の一部となっていた」とする論文を掲載した。

論文は、当時のさまざまな文献を挙げて中国の領有権を主張し「中国が管轄する地域であることは当時の日本人、中国人、琉球人の共通認識だった」と強調した。

さらに「日本人が初めて釣魚島を探査したのは1884年」とした上で「(日本側は)1895年1月、中国政府が全く知らない状況下で、一方的に秘密決定方式により、釣魚島を沖縄県の管轄下に組み入れ、窃取した」と従来の主張を繰り返した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130510/chn13051021360007-n1.htm

質問者:匿名
質問日時:2013-05-10 22:48:06
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
日本固有の領土です。

中華人民共和国、通称中国は、1949年に中国共産党によって建国された社会主義国家。
日本人が初めて釣魚島を探査したのが1884年であるなら、1949年は新参者ですね。

東京都が、購入に動いた際、地権者の実弟が、
350億円を提示した中国関係者の存在を語ったとか。
地権者から購入するという事は、日本の領土と認めた証ですよね。
迂闊な事実を残したのかな、中国側は…。

埋蔵量、以下のサイトを参考にすると、
ttp://www.shiftm.jp/show_blog_item/51
1970年当時の簡易調査法による埋蔵量評価は、1000億バレルを超す石油埋蔵量
という話でしたが、1994年時点での日本政府の公表では、
日中中間線より日本側海域での究極可採埋蔵量は32.6億バーレル
(5.18億キロリットル)で、1970年時の30分の1。

回答者:素人による考察
回答日時:2013-05-11 20:43:24

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
日本の領土です。相手が事実を知りながら、日本に揺さぶりを掛け...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-11 23:30:57

この回答の満足度 ★★★★★
日本に情報機関がないのが痛いですね。情報戦の認識が甘く、負け...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-11 09:05:07

この回答の満足度 ★★★★★
いいえ、違います。中国の領土ではなく日本固有の領土です。全て...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-11 02:16:15

この回答の満足度 ★★★★★
いいえ、中国領土だったわけがありません詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-05-11 00:33:51

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ