Sooda!
 閲覧数:367
戦争は宣戦布告しないで始めるのが普通なのでしょうか。アメリカの南北戦争も荘だったそうです。日本だけは、宣戦布告をしないと怒られるのですか。

そもそも宣戦布告がない。だから戦争目的が不明確。
さらに南軍側は大統領さえまだ決まっていないという中で、気がついたら戦争が始まっていて、両軍合わせて120万の死者を出したというのだから、これまたすさまじい話です。

ついでに申し上げるならば、堂々と宣戦布告を行ってから戦争をはじめるというのは、世界の歴史上、日本くらいなものです。
日本では、武道の心得もあって、戦いは、果し合いであれ、戦闘であれ、すべて「礼にはじまる」のがあたりまえの常識です。

若いオニイサンたちがケンカをする場合でも、最初に出る言葉は「オイ、表に出ろ!」で、これもいわば宣戦布告の一種(笑)。

けれど世界の戦史を見れば、ご丁寧に宣戦布告をしてから戦争を始めている国自体が、きわめてめずらしい存在であることがわかります。
日本は大東亜戦争で、真珠湾の奇襲がどうのとさんざん言われているけれど、宣戦布告文とを、後先の問題は別として、すくなくとも時間通りにちゃんと届けようとしたというのは、それが日本だからで、さらにいえば日本人は、真珠湾の爆撃開始より、宣戦布告分の手渡しの時間が少し遅れたと責められると、気分として、申し訳ないと思ってしまう。

けれどそれは、私たちが日本人で、礼儀や、ものごとのケジメをきちんとしなければ気が済まない民族だから、そうなるだけのことで、世界の歴史では、むしろ宣戦布告などないのが「あたりまえ」であることは、日本人の常識として覚えておく必要があるのではないかと思います。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-エントリ-1448.html
エントリは英語で。

質問者:匿名希望
質問日時:2013-05-14 22:36:15
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
普通ですね。
ほとんどの戦争は、宣戦布告ナシに始まっているので、必ずしも布告の必要があるワケではありません。
だから、日本も宣戦布告ナシでも戦争しても問題はないのですが、武家の時代では武士の礼儀として、寝ている相手をいきなり殺すのは卑怯な行為であり、必ず枕を蹴ったり布団を剥いだりして相手を起こしてから殺すようにしていたので、武家の六男であった海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六も宣戦布告にこだわっていたので、当時の日本政府の関係者は宣戦布告ナシで戦争するのは卑怯だと思い宣戦布告をしたのでしょう。

回答者:匿名
回答日時:2013-05-14 23:24:39

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
日本だけ言われるのはおかしいですし、宣戦布告しない国は世界に...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-21 01:08:42

この回答の満足度 ★★★★★
最近は「国対国」の戦争ではなく「国対ゲリラ」の戦争が増えて...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-19 16:48:02

この回答の満足度 ★★★★★
宣戦布告しない国が沢山存在しています。勝てば官軍ですから、敗...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-15 22:39:10

この回答の満足度 ★★★★★
民主国家における"主権"は国民にあるんです決して一大統領や一...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-15 15:18:50

この回答の満足度 ★★★★★
そうですね日本だけ言われるのはおかしいです詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-05-15 07:48:48

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ