Sooda!
 閲覧数:883
私は、以前、当時1歳の子供を持つシングルマザーの彼女がいました。

彼女と別れてから、彼女は生活保護(子供は保育園入所済み)で生活をし、約1年で9万円貸していました。
しかし、ある日ネットサーフィンをしていて、たまたま彼女がやっているTwitterを発見しました。
私は、散々、彼女から生活に余裕がないと聞いていたのに、Twitterには、

まず、ペンタブの購入。
シャンパンタワーの写メ。
前の職場に誘われ、日当1万8千円(高級料亭のため高給)×5日の仕事。
財布を落とし、中身は15万円。
更にその財布は10万円のボッテガヴェネタ。

そして、財布を落とした翌日に私に連絡があり、
『財布落とした。しかも、家賃一回滞納してるから、今回払えないと家を追い出されるかも。』
私は、わざと、
『家賃も払えないほど、大金入れてたの?』
と聞くと、
元カノ『6万落とした。ちょうど、家賃払いに行く途中だった。』
私『ちょうど貸した金のこと聞こうと思ってたとこだった。』
元カノ『6月から就職決まったから、返していけるよ。』
私『俺から聞く前に、言って欲しかった。
やっぱ、返せないにしても何も言わないのは、いい気持ちはしなかったよ。』
元カノ『それを言おうと思ってこの間連絡したんだけど。』
私『で、家賃分は借りる宛はあるの?』
元カノ『全部あたったけどなくて。』

私は、Twitterの件で許せない気持ちもあったのに、当時の私は、冷静な判断ができずに、仕事が始まる6月から来年の6月までに、全額15万円返金することとを約束し、貸すことを約束をしてしまいました。

そして、そんなやりとりの当日のTwitterには、3DSソフトを3本購入(写メ付)。

私は、我慢の糸が切れ、
『本当に家賃延滞してんの?
DSソフト3つも購入する余裕あるのに?
たまたまTwitter見つけた。
もうお金は貸さない。』

すると、元カノは、
『たまたまTwitter見つけたって…。
あれは、自分が買ったように書いてるけど、実はパトロンがいる。
物は買ってくれるけど、支払い系はなくて。
家賃の滞納は本当。
でも、もう貸さなくていいよ。』

私は、その日は、何も返信せず、家を追い出されるのは子供もいるし、さすがに大変だと思い、これで貸すのは最後と思い、
『とりあえず、たまたまとはいえ、Twitterを見つけた件は謝る。
ごめん。
気持ち悪さや、不快感しか与えなかったと思うし。
家賃の金は振り込んだ。
条件は、最初に言ったように、来年の6月までに15万円返すこと。』

すると、元カノは、
『Twitterの件は、本当に気持ち悪かった。
お金借りている手前で悪いけど、パトロンは、自由に使えるお金がなくて、自分なりにストレス発散法だし。
お金振り込んでくれたんだ…。
でも、あまり話したくないし、また連絡する。』

この時、Twitterのことで、急に自責の念に駆られ、
『○○もそのつもりかもしれんけど、もう縁切ろう。
もう生理的に受け付けないと思うし。
振込先だけ教えとく。
これで、二度と連絡しなくて済むでしょ?
(振込先省略)
これで、さようなら。』

そして、相手からの返事もなく終わりました。

その2ヶ月後に、彼女は当時していたツイートが明らかになりました。
そこには、

『ありえない。キモイ。』
『仲良かったけど、気持ち悪さが勝ってしまった。』

そして、送った覚えのないメールが勝手に作成されていて、そのメール内容が以下のように貼り付けてありました。

【不快な思いをさせてごめんなさい。
許してもらえないのは分かっているけど、ちゃんと謝りたいです。
お詫びとして食事でも、連れてってあげたいです。
返信待ってます。】

そして彼女のコメントは
『ふざけてるwwwww』
これを見たTwitter仲間は、世界一高い、1千万円のプリンの記事を貼り付け、
『これ連れてってもらえるなら許してやれ。』
それに対し彼女は、
『現金で下さいって感じwww』
とツイートしていました。

私は、様々な感情を通り越し、ただ呆れました。

確かに、私がTwitterさえ見つけなければ、今回のようなことは起こりませんでした。
Twitterを見つけたことで、元カノに不快な思いをさせたことは、反省しています。

しかし、私は、彼女の不自由に感じている環境の少しでも役に立ちたいと、私なりに援助をしてきました。
彼女も、職業訓練に通いながら就活をしていることも聞いていました。
シングルマザーという立場から、何十社受けても受からないと嘆いていました。
私は、そんな彼女を追い詰めないようにと、返済の話は一切私からは、言いませんでした。

しかし、結果として、彼女に情をかけすぎ、信じすぎた私がバカでした。
彼女の本性を見抜けず、甘やかしすぎた私がバカでした。

彼女の本性が明らかになり、お金が戻ってくることはないことは分かっています。
返済能力が低いことは、貸す時点で明らかでしたから、返済がないのは、私の責任でもあります。

Twitterを見つけた事実に不快感は与えることは分かっていましたが、どうしても怒りが抑えられませんでした。

しかし、さんざん気持ち悪いと言われ、偽造メールまで作って公開されるほど、Twitterを見つけたことは、批判されることだったのでしょうか?

質問者:souta
質問日時:2013-05-21 00:32:22
カテゴリ:インターネット・パソコン>セキュリティ・個人情報

ベスト回答
あなたは優しすぎるのですよ。そこに付け込まれたのです。困ったときだけ連絡してきて

あなたの事を一体なんだと思っているのでしょうね。聞いているだけでも腹立たしいです。

彼女のように恩や感謝というものを感じない人間は誰からも相手にされず

いずれ一人になるでしょうね。とても母親であると言う自覚すら感じません。

恩を仇で返すとはこのことですね。都合の悪い事は全て言い訳でそれで相手が信じるとでも

思っているところに浅はかさも感じますね。借りたお金も返してくる気配もないのですから

人として終わっていますね。

回答者:匿名
回答日時:2013-05-27 01:22:05

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
本当に、恩を仇で返されました。
私にとってここまで、酷い仕打ちをされたのは初めてでした。
この件は、私にとっての教訓となりました。
この先、同じことを繰り返さないように用心して生きていきます。
共感して頂いて、少しすっきりしました。
ご回答ありがとうございました。

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
ほかの、もっとすばらしい女性に目を向けて、未来志向で行きまし...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-21 22:53:51

この回答の満足度 ★★★☆☆
そんな人間とはこれからは関わらないことです。しかし酷い人にひ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-21 02:21:49

この回答の満足度 ★★★☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ