Sooda!
 閲覧数:37
執拗な中国には、日本は屈服するしかないのでしょうか。

中国の恫喝に屈するな 「反三戦」をただちに撃て! 2012.11.14 03:00

尖閣をめぐり、中国が繰り広げている「三戦」−弾丸なき戦いへの反撃妙手(産経新聞特別記者・湯浅 博 月刊正論12月号)

尖閣をめぐる「三戦」

いやしくも一国の政府を代表する者が、よくも口汚い言葉を羅列して激高型の演説をしたものである。この秋、ニューヨークの国連総会に出てきた中国の楊潔◆(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相と李保東国連大使が、日本に異様な罵りの言葉を吐いた。それらの演技に既視感があるのは、北朝鮮のけたたましい演説に慣れているせいかもしれない。やはり、中国は北朝鮮の兄貴分であった。外縁に向かって序列の低い異民族を支配する中華帝国なのである。



http://sankei.jp.msn.com/world/news/121114/chn12111403010000-n4.htm

質問者:匿名
質問日時:2013-05-22 18:09:53
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
この記事は私も読みました。
関心したのは中国はまさに19世紀末の帝国主義国家そのものである点です。

これに対抗するのは一国では無理ですね。
アジア諸国及び米国、必要ならロシアとも連携して「封じ込め」作戦を取るしかない気がします。

それにはまず日本にも情報局を設置し、高度な情報戦を戦える実力を高めることです。
そのうえで中国包囲網を構成すべく、憲法を改正し軍事強力を含めた強固な同盟関係をアジア諸国と結ぶのが良いでしょう。

税金は上がるかも知れませんが、沖縄を侵略されるよりマシでしょう。
仮に中国が沖縄を侵略すると次は九州、最後には日本全土を侵略する怖れまであります。

そうなるとチベットみたいに民族虐殺までやりかねない危険な連中です。
ここは断固として対処すべきです。

ただいずれにせよ中国との軍事衝突は避けならない気がします。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-23 01:23:19

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
こういうことに必要なら、消費税8%に大賛成です。

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
屈服してはいけません。もともと日本の主張に理があるんですから...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-24 22:56:07

この回答の満足度 ★★★★★
屈服する必要はないし、しても行けません。そこで屈服したら他に...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-23 22:29:13

この回答の満足度 ★★★★★
日本は絶対に屈しません詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-05-23 15:21:26

この回答の満足度 ★★★★★
屈服する必要はないです。いつまでも下手に出ているから舐められ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-23 02:15:19

この回答の満足度 ★★★★★
決して 屈服してはいけません軍事力をたてに 力ずくで領土を奪...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2013-05-22 21:51:34

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ