Sooda!
 閲覧数:213
鹿児島県はアホですか。

鹿児島県:職員1000人を中国・上海に 定期便維持目的

毎日新聞 2013年05月29日 21時05分(最終更新 05月29日 21時41分)

鹿児島県は29日、延べ1000人規模の県職員を中国・上海に派遣する短期特別研修事業を実施すると発表した。利用者減が続いている定期航空路線の鹿児島-上海便の利用率アップを図るのが狙いで、1億1800万円(1人当たり約12万円)を6月補正予算案に計上する。可決されれば7月上旬からの派遣となる。県によると、国際定期便維持のための職員研修は全国初。ただ「公金を使った一時しのぎのてこ入れ」との批判も出ている。

同便は2002年8月から就航。一時は週4便(往復)だったが、鳥インフルエンザや尖閣諸島を巡る日中間の問題で利用者が減り、今年4月以降は週2便となった。4~8月は13便がキャンセルされるなど低迷が続いている。

研修(3泊4日)はインフラ整備の見学などで12月までを予定しており、1回につき50人が参加する。食事代やパスポート代なども県の負担で、県行政管理室は「経済的にも上海のつながりを切るわけにはいかない。職員の見聞を広めることが、県民の利益になる」と理解を求めている。

これに対し、全国市民オンブズマン連絡会議の児嶋研二代表幹事は「利用率の低迷は需要がないから。1億円があれば、県民にどれだけより良いサービスを提供できるのか。利用率が上がったとしても一時的で、極めて時代錯誤と言わざるを得ない」と指摘した。【津島史人】
http://mainichi.jp/select/news/20130530k0000m040064000c.html

質問者:????? ?? ?
質問日時:2013-05-29 23:28:39
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
定期便の維持は、相互利用が成立してこそ、可能な話。
革新的利益で、尖閣を狙っている以上、回復の兆しは、見えないが…。

この研修は、インフラ整備を上海に学ぶという事なのか、
職員の見聞を広める事ができなければ、単なる慰安旅行に思えてしまうが、
本当に、この政策は、大丈夫なのか…。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-30 14:41:19

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/11件中
あほで、すさまじいのはもちろんなんですが、これを合法的に止め...詳細

回答者:困るよね
回答日時:2013-06-04 23:33:32

この回答の満足度 ★★★★★
経済優先とはいえ、これでは公金をドブに捨てるようなもの。...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-06-02 00:13:30

この回答の満足度 ★★★★★
あまりに安易な発想ですね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2013-05-31 11:57:29

この回答の満足度 ★★★★★
幼稚な考えですねあきれます詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-05-30 17:38:25

この回答の満足度 ★★★★★
なんという発想なのでしょうか。税金を投入して研修という旅行で...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-05-30 10:12:43

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ