もも肉はひき肉になりにくいのでは?もも肉をばらしてみると判りますけど、大きい部位というものがなくあれをミンチャーに突っ込んでも取れるひき肉が知れています。手間を考えれば胸肉になるでしょうね。
鶏肉はそもそも水気の多い肉ですから、加熱すれば目減りするのは致し方ないこと、その分を調整しながら料理するのがいいでしょうね。
鶏挽き肉を使った使ったオリジナルレシピを紹介しましょう。
1.ネギをみじん切りに粗みじんで充分、最低肉の半分ぐらいは用意しましょう。
2.鶏挽き肉とネギをボールに入れて粘りが出るまでよく揉み込みます。
3.2に強めの味付け、塩胡椒とお好みで軽く醤油と辛味を。
4.餃子の皮に3を包みます。鶏餃子ではないので、ひだを付けなくてもOK、半円に仕上げてください。
5.フライパンにたっぷりの油をいれ、上げるように4を焼いていきます。
6.皮が美味しそうなきつね色になる直前にひっくり返し。同様に裏面を焼き、軽く色がついたら油から上げます。あとは余熱で火が入ります。

以上鶏肉の包み揚げ、ビールに合うんだなあ、これが。
===補足===
最近の研究では鶏胸肉に疲労回復物質が多量に含まれていることが判明しています。ただ、料理となるとやはり運動しているもも肉の方が味は良くなりますね。場合によっての使い分けがベターでしょうね。

回答者:ごーすけ
回答日時:2013-06-03 17:13:56

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
子供の朝食用に、鳥そぼろを作り置きするのですが、腿肉と胸肉とでは、脂の出具合が全く違って、腿肉の場合、作ってる傍から脂分が浮き上がってますね。
腿肉で作った時は、ラップを押し付けるように上掛けして、一晩置くと脂がラップにつきますので取り除いています。
子供はそぼろ好きなので、どちらで作っても良いみたいです。
腿は(同居義母が胸よりは腿肉信望者というか、まぁ気分的にですが)、胸よりも「コク」があるように感じるので、高めですが、あると、つい買ってしまいます。

お料理、態々ありがとうございます。
美味しそうですね、やってみます。
[*]前へ [#]次へ

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ