Sooda!
 閲覧数:101
韓国で併合時代の監獄がひどかったのは、韓国政府の対応がひどかったからでしょうか。

残酷な取り調べ、悲惨な監獄

日本の韓国併合を痛烈に非難している、ロンドン・デイリーミラーの記者マッケンジーは、次のように日本を非難している。

「明治三九年夏、二つの監獄を実際に訪れてみた。その最初のものは平壌で見たのであるが、そこでは一八人の男と一人の女が一つの監房に閉じこめられているのを見た。その男たちのうちの数人は木の柱にくくりつけられていた。囚人たちはやせ衰えており、その身体は恐ろしい病気の明白な徴候を示していた。彼らの衣服は最低のものであり、その監房は筆舌につくし難いほどに不潔であり、何らの身体労働や労働もなしに、数年間も監房に閉じこめられたままなのであった。或囚人は六年もその監房に閉じこめられてきたと言うのであった。

次の監獄、宣川(平安北道)のそれはもっとひどかった。その監獄の中はとても暗くて、部屋に入ってからしばらくは何も見えないほどであったが、地上に縛り付けられている三人の男がそこにいた。彼らの首と足は台柱にくくりつけられ、手は縛り合わされていた。部屋には明かりもなく通風窓もなかった。ただ僅かに壁に開けられた小さな穴があるだけであった。彼らの背には笞打ちで裂かれた恐ろしい傷跡があり、その手はきつく縛り付けた縄の為、所々骨が見えるほどに肉が裂けていた。そしてそれらの傷跡は、全く膿み放題になっていた。手足の上部は腫れ上がり、笞跡と水ぶくれができていた。一人の男の目はふさがっていて視力を失っており、まぶたからはたくさんの膿がたれ出ていた。多分両眼を笞でひっぱたかれたのであろう。男たちは終日動くこともなしに、こうして監禁されたままなのである。私は彼らを日の当たる場所に連れ出した。それは難しい作業であった。彼らのうちの一人は四肢が萎えてしまっていて、既に殆ど身体を動かすことが出来なくなっていた。彼らはみんな飢え衰えて、なにかを嘆願したり抗議したりする気力も失ってしまっていた。そこは私のこれまでに見た限りでの地獄への一歩手前であった。」

マッケンジーは監獄の改善が遅々として進まないと伊藤統監を非難しているが、この時期日本は少数の顧問を送り込んだだけで、内政は韓国に委ねられていたのである。伊藤に対する期待が大きすぎた故の非難と考えるべきであろう。

天安の独立記念館へ行くと、日本時代の拷問風景の蝋人形があり、日本時代が暗黒時代であったかのような印象を受ける。しかし日本は併合後このような厳しい拷問を止め、監獄を改善したのである。http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/shazai/1shou.html

質問者:匿名希望
質問日時:2013-06-10 22:47:34
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
その通りです。
当時の李氏朝鮮時代の監獄は、日本の江戸時代と同じく拷問がまかり通っている前近代的なものでした。

日本に併合されて以降、改善が進むのですが、この記者が来た時代はまだまだ改革前だったのでしょう。

ここでも後世の韓国政府による捏造がまかり通ってます。
このような欺瞞には敢然と対処すべきでしょう。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-06-11 00:36:44

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
捏造が広まりすぎています。

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
この記者は見当違いですね。韓国が酷かったのであって日本ではな...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-12 02:30:29

この回答の満足度 ★★★★★
日本政府はひどくはないでしょうからきっとそうでしょう詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-06-11 08:08:35

この回答の満足度 ★★★★★
内政を韓国に委ねていたのですから、それは韓国人が同胞にしてい...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-10 23:28:00

この回答の満足度 ★★★★★
併合後しばらくは半島の役人に内政を任せていたので監獄の劣悪な...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-10 23:05:01

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ