Sooda!
 閲覧数:64
韓国併合時は、韓国は植民地としてではなく、日本として丁重に扱われたのをしっていますか。

日本が朝鮮(現在の朝鮮半島)を併合する以前、朝鮮は清国の属国であると国際的にも捉えられていました。
1876年(明治9年)日本は朝鮮国との間に日朝修好条規を締結し朝鮮国の開国を求めました。
日本がこの条約を結んだとのと時を同じくしてドイツ、イギリスも条約を結びました。
清国の属国である朝鮮国と条約を結んだと言う事は、日本やイギリス、ドイツは朝鮮国を独立国と認めた事となり、この条約は朝鮮国が初めて自分で結んだ国際条約でした。
この条約は日本にとっても白人諸国の脅威から逃れる為にも重要な物で、朝鮮半島に触手を伸ばすロシア対して明治政府は相当な危機感を抱いていたのです。
この条約を機会にそれまで鎖国攘夷政策を取っていた朝鮮国は開国派が影響力を持つ様になり、日本もその支援を行っていたのです。
1982年(明治15年)朝鮮政府の政策を清国寄りにしようとした大院君が起したクーデター(壬午政変)が勃発、この政変に清国が軍事介入を行い首謀者の大院君を有ろう事か逮捕してしまったのです。
この結果、朝鮮国は再び清国の属国となりました。
1884年(明治17年)日本の支援を受けた開国派が起したクーデター甲申政変が勃発、しかし、清国が軍事介入、鎮圧しました。
この時、日本大使館は清国側によって焼かれ、被害者は壬午政変を上回るものになりました。
この結果、明治政府はロシア等の白人列強諸国から日本を守る為にどうしても必要な朝鮮国の独立は、清国と戦い勝つ以外にないと考える様になったのです。
(日本の安全保障上の朝鮮半島の位置づけがどれ程重要なのかは、朝鮮戦争の回顧録としてマッカーサー総司令官が記しています。)
日清、日露の両大戦に勝利した日本は1904年(明治37年)の日韓新条約、続く日露戦争後の協約により韓国は日本の保護国となりました。
(1641年以来モナコはフランスの保護国で、このような例はヨーロッパではよく存在しました)
当時、韓国統監となった伊藤博文は韓国の独立を唱え、近代化志向の新政権を確立させその後主権を回復させる考えだったにも拘らず、現在では韓国の英雄とされる"安重根"に暗殺されました。
この大事件によって日本政府が驚愕したのは勿論、韓国政府は震え上がり、日韓両政府から韓国併合の話が上がりました。
当時韓国最大政党である「一進会」も熱烈に併合を求めたのであり、日本が無理矢理併合化したのではありません。
この日韓併合は清国、ロシア、イギリス、フランス、ドイツと言った主要国のなかで反対した国は一つもありませんでした。
アメリカのルーズベルト大統領は「朝鮮半島は日本の物である」と公言、イギリスは「韓国併合こそ我々が以前から望んでいた事である」と大歓迎の姿勢を示しました。
こうして、日韓併合は国際社会で認められたのです。
日本は韓国を併合化(日本と同等に扱う事)したのであって、植民地化(奴隷として扱う)したのでは有りません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111322156

質問者:匿名
質問日時:2013-06-16 14:33:00
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
正しい歴史をひもといてみればそのことはよくわかります。
当時の日本の国家予算の中から莫大な予算を朝鮮半島につぎ込んで日本国内と同レベルまで引き上げるべく社会整備をして今の韓国の基礎をつくったのです。
これらのことを韓国の人々は教えられていないのです。

回答者:匿名
回答日時:2013-06-16 14:54:41

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
知っています。にもかかわらず恩や感謝をすることも無く被害者意...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-23 00:19:45

この回答の満足度 ★★★★★
インフラの整備など生活水準が高くなるような政策をしていた事実...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-18 00:33:19

この回答の満足度 ★★★★★
このやり方が日本の植民地支配(植民地経営)で「二等国」扱いで...詳細

回答者:学べよ
回答日時:2013-06-16 17:01:35

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
そうだったと思いますでも何やってもあの国からは恨まれるんです詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-06-16 16:36:45

この回答の満足度 ★★★★★
知っています。なのに半島の連中は今は反日教育や歴史捏造などを...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-16 14:38:02

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ