Sooda!
 閲覧数:58
テロリストを英雄視するのは韓国ではふつうなのでしょうか。

[ 7 : 独立運動が日本の敗戦につながった ? ]

我々が光復 ( 植民地支配からの解放 ) を迎えられるようになったのは、連合軍の勝利がもたらした結果ともいえるが、その間我が民族が日帝に抵抗し、たゆまず展開してきた独立運動の結果であるといえる( 166 頁 )。

日帝支配下で独立の為に人々が如何に抵抗したかが、針小棒大に書かれていました。ソ連崩壊後に公開された資料によれば、朝鮮の反日抵抗運動の英雄とされ、北朝鮮の偉大な首領様となった 金日成 でさえも、終戦まで ロシア軍の大尉として ロシア領内に居住していました。

平成 16 年初めに放映された日本の テレビ番組でも、テレビ局の カメラ取材に対して ロシアの村人が金日成の住居の跡や、幼くして死んだ彼の息子の墓の位置まで教えていました。つまり家族共々 ロシア領内で平穏に暮らしていた証拠でした。

金日成でさえもその程度でしたから、その他の抗日運動の英雄と記述された連中などは推して知るべしです。教科書では如何にも ヨーロッパ並みの抵抗運動を、朝鮮半島や日本国内で展開してきたような書き方をしていますが、戦時中のことを知る日本人で朝鮮人の抵抗運動が 日本の敗戦につながった 、などとする 大ウソ を信じる人は誰もいません。しかし韓国では国定の教科書で ウソ を教え、それが信じられているのです。

韓国史上最大の英雄として亀甲船で有名だった李舜臣と共に教科書で採り上げたのは、日韓併合 ( 1910 年 ) の 前年に 伊藤博文 ( 1841〜1909 年 ) を ハルビン駅構内で ピストルで暗殺した、 テロリスト の安重根 ( あんじゅうこん )のことでした。

日韓併合以前に起きた、しかも敗戦の 36 年も前の テロ事件を、日本の敗戦に関連付けた記述には呆れ果てましたが、裏を返せば教科書に述べた たゆまず展開してきた独立運動 と称するものの、めぼしい 成果 が、彼と昭和 7 年 ( 1932 年 ) 4 月に上海における爆弾 テロで白河大将を暗殺した、尹奉吉による 単独 テロ の犯行しか無かった証拠でした。

テロリズムを悪だとする 国際社会の考え方からすれば、安重根の テロ行為を国史教科書で褒めたたえてきた韓国政府や韓国人の歴史に対する見方は、 国際的に間違いである ことは明らかです。

なぜなら「 安重根 」の テロ行為を正当化すれば、パレスチナ、イラク、スペイン、チェチェン、ロシアなど世界中で起きている、全ての テロ を正当化しなければならず、逆に テロリズム を否定するのであれば、安重根の行為も 当然否定しなければならない からです。
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/rekishi.htm

質問者:匿名
質問日時:2013-06-16 23:49:47
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
常識で考えたらありえない話なのですが民度が低いので
あちらでは普通なんでしょう。

回答者:匿名
回答日時:2013-06-17 01:35:47

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
物事をしっかり理解できないのがあの国なのでしょうね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-18 02:36:43

この回答の満足度 ★★★★★
自国の分裂を防ぐには日本を利用するしか方法がないのです。です...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-17 23:26:35

この回答の満足度 ★★★★★
思考回路がおかしいですね詳細

回答者:sooda
回答日時:2013-06-17 07:56:18

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ