Sooda!
 閲覧数:119
レアアースのベトナムとの合意は反故になったのでしょうか。金だけとられて、しかも軽レアアースしか存在しなかったのでしょうか。そもそも重レアアースでないと価値がないのに、経済産業省(?)はだまされたのでしょうか。

日越企業、ドンパオ鉱山のレアアース共同開発で覚書調印

ベトナム鉱産総公社(VIMICO)傘下のライチャウ・レアアース社と日本のドンパオ・レアアース開発社は17日、西北部ラ







(C)Vietnam plus


イチャウ省タムドゥオン郡ドンパオ鉱山のレアアース共同開発に関する覚書に調印した。17日付ベトナムプラスが報じた。

覚書によると、共同開発は2期に分けて実施する。第1期では、年間精鉱生産量1万tを目標とする「レアアースF3鉱体採掘・加工プロジェクト案」を作成する。第2期では、両社による合弁会社の設立に関する交渉を行う。資本金は総投資額の30%以上を予定している。

ドンパオ鉱床から産出する主なレアアースには、触媒・ガラス・研磨剤として使用されるランタンやセリウム、永久磁石やガラス着色剤として使用されるネオジムなどがある。

グエン・タン・ズン首相と野田佳彦首相は2011年10月31日、ベトナムでレアアースの共同開発を行うことで合意した。ドンパオ鉱山のレアアース共同開発はこの合意に基くもの。
http://hasuvn.com/japan/-2012-05-21.aspx

質問者:匿名
質問日時:2013-06-19 20:12:40
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
情報収集力がない日本の現状を表しています。
それとどんぶり勘定ですね。やはり民間でないと利益の追求は無理と感じました。

回答者:匿名
回答日時:2013-06-20 14:54:11

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
営業部がないのでダメですね!やられっぱなしです詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-19 23:03:32

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ