Sooda!
 閲覧数:138
朝鮮人が、日本軍に入りたくて大挙したのを知っていますか。今も昔も朝鮮人は日本に憧れていたのでしょうか。

昭和十一年、南次郎が朝鮮総督に就任以降は皇民化時代として、その圧政が統治当初の武断政治と共に最も非難されている時代である。しかし同時に経済が最も伸張し、豊かになった時代でもあった。朝鮮人論客が如何に日本統治を褒め称え、内鮮一体を叫んだか全く報道されない。

兵役

昭和十二年支那事変が始まった。ここで決定的な役割を果たしたのは金錫源少佐であった。彼は千名の日本人部下を指揮する大隊長として、支那の大軍を山西省で木っ端微塵に撃破した。彼の活躍は朝鮮の新聞に連日でかでかと報道された。日本兵を率いて、支那を撃つというのは、朝鮮人にとって夢みたいな事だったので、早速「金少佐を思う」「正義の師に」等の歌になった。支那派遣軍を駅で送る歓声と旗の波、それに金大隊長の賛歌で、自然に朝鮮人のボルテージが上がった。この空気の中、血書をもって従軍を希望する青年が相次いだ。

このようなムードの中で、南総督は「朝鮮人特別志願兵制度」の創設を本国政府に提案した。翌一三年に四〇〇名を採用し、訓練の上、在鮮の日本部隊に入隊させるようにした。その後五年に亘って志願兵を募集したが、応募者は初年度の七・七倍から次第に増え、昭和十七年には六二・四倍、昭和一八年には定員が増えたので倍率は下がったが、応募者は三〇万人を越えた。当時の人口が二四〇〇万人であった事を考えると、驚くべき数字である。

昭和一六年大東亜戦争が始まると、朝鮮人論客は一斉に米英打倒と朝鮮人の決起を訴えた。その中で朱燿翰(後の韓国国会議員)の「ルーズベルトよ、答えよ」と題する演説の一部を紹介する。〈正義の仮面をかぶり、搾取と陰謀をほしいままにしている、世界の放火魔、世界第一の偽善君子、アメリカ大統領ルーズベルト君。君は口を開けば必ず正義と人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、人種差別撤廃文面を挿入しようとした時、これに反対、削除したのはどこの国か。黒人と東洋人を差別待遇して、同じ席につかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りを、あたかも野獣狩りをするが如くしたのはどこの国の者であったか。しかし君らの悪運は最早尽きた。一億日本同胞なかんずく半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜聖戦の勇士とならん事を誓う!〉*1と朝鮮青年に訴えた。

大東亜戦争の激化により、昭和一九年三月より朝鮮人徴兵制を実施することを決定した。反日運動、独立運動が盛んでは朝鮮人に武器を持たせる事は出来ない。何よりも朝鮮兵の忠誠心に確信を持てたからであろう。

徴兵された人は陸軍四万五千人、海軍一万人、計五万五千人である。しかしこれら徴兵による兵士達は、訓練期間中に終戦となり、殆ど前線に動員された人はいなかった。

後に駐日韓国大使になつた崔慶禄は抜群の勤務成績を買われ、陸軍士官学校へ推薦され、入学も決まっていた。しかし彼の入学直前に、所属部隊がニューギニアへの出動を命じられた。その時彼は「学校で何年も過ごしていては、第一線でご奉公の時を失う」と言って、士官学校への進学を勧める上司を振りきり、ニューギニアに出征した。激しい戦闘で瀕死の重傷を負い、危うく一命を落とす所であった。*2当時はこのように朝鮮でも内地と同様「打倒米英」で燃えさかっていたのである。

このようにして出征した兵士の内、二万二千余名の人が日本兵として戦死した。中には二〇人近い人が特攻隊として戦死している。我々は子々孫々に日鮮青年が共に戦った一時期があったことを、永久に語り伝えなければならない。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/shazai/3shou.html

質問者:匿名希望
質問日時:2013-06-22 07:56:34
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
よく知ってますよ。
私の親は北朝鮮からの引き上げ者なので、親や祖父母よりよく聞かされてました。

多くの朝鮮人は日本人になりたくて自ら創始改名したこと、軍人になって出世したがったこと、色々あります。

ただそれは大国になびく小国の悲哀でもあります。
朝鮮人は古くは中国にそのように媚びへつらい生き延びてきた民族でもあるからです。

その内面は支配者に対する恨みに満ちており、どんな恩恵を受けてもそれは揺るぎません。
かつてローマ人に侵略されたガリア人やゲルマン人が、ローマ帝国の皇帝を排出するまでになる様とは異なります。

何故なら彼らは「恨み(ハン)」の文化ですから。「人生は恨(ハン)の連続」これがかれらの人生哲学です。

ローマ人同様に融和を重んじ、過去を水に流す日本人とは根本的に異なります。
日本人は歴史に学び、敗者の同化政策で拡大したローマ帝国よろしく朝鮮人、台湾人に同化政策を行いましたが、朝鮮人は古代の欧州人とは異なり「恨み」を忘れない、常に後ろ向きの下から目線でしかものを考えられない民族であった為、体制崩壊後は極端な反日に走ることになります。

日本の支配が終わったのに親日である台湾とはそこが大きく異なります。
もっともどんな民族にも例外はいますので、そうではない人たちも大勢おります。

ただ残念ながら民族のメンタリティの差は大きく、恨みの文化は後ろ向きの事態を、東アジアにおける奇妙な緊張を作り続けてます。

個人的には本当に残念です。

回答者:匿名希望
回答日時:2013-06-22 09:02:18

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
公的に反日を推進しているのが信じられません。個人がどうおもうが、かってですが、国家をあげて、です。

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
知っています。今も昔も憧れているのです。事実をしっかり認識し...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-23 02:19:12

この回答の満足度 ★★★★★
知っています。今の韓国大統領の親父も軍人になりたくて血書によ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-22 12:32:56

この回答の満足度 ★★★★★
あこがれてしかたないんですかっこうわるいから文句をいう吠えま...詳細

回答者:ぶち
回答日時:2013-06-22 11:44:06

この回答の満足度 ★★★★★
知っています。元大統領も元日本軍人でしたから。そういう事実を...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-22 10:05:08

この回答の満足度 ★★★★★
知りません憧れていないでしょ、日本人でさえ終戦後軍国主義に対...詳細

回答者:左のツバサ
回答日時:2013-06-22 08:40:23

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ