Sooda!
 閲覧数:81
不法占拠で土地を奪ったら、その人のものになるのでしょうか。持ち主に返さなくてもOKですか。泣き寝入りでしょうか。全員空襲で亡くなったりして、事実が分からなくなっているのでしょうか。

「コリアン世界の旅」 野村進 1996年 講談社

いま全国に約一万八千軒あるパチンコ店のうち、在日および帰化者二世・三世を含む)が経営する店の割合は、六割とも七割とも言われる。三軒に二軒は、オーナーが韓国・朝鮮系ということなのである。パチンコ台の製造メーカーにも、最大手の「平和」を筆頭に、韓国・朝鮮系の経営者が名を連ねている。
(中略)
パチンコが全国に広まり大衆的な人気を博するのは、明らかに日本の敗戦直後からである。身近に安価な娯楽がなかったためという理由ばかりではない。焼け跡闇市の時代の庶民を何よりも魅了したのは、景品に出されるタバコだった。配給制で常に不足がちなタバコが、強力な呼び水となって、戦後最初のパチンコ・ブームを巻き起こしたのである。

かくしてパチンコ店は雨後の筍のように増えていくのだが、当時、開店資金をどのようにして工面したのか、その経緯が在日自身の口からおおやけにされることも、私の知るかぎり絶無と言ってよかった。
『こんなことを話す人間は、ほかにおらんだろうね』 と前置きして、キムが語る。

『闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。じゃあ闇市で何をして儲けたかというと、結局、ヒロポンと贓物故買(ぞうぶつこばい)だよね』 密造した覚醒剤を売りさばいたり、盗品の横流しをしたりして、短期間のうちに大金を作り、それをパチンコ店開業に振り向けたというのである。
『そういううしろ暗い過去がなかったら、カネなんていうものはそんなに貯まらんですよ。うしろ暗い過去があるから、人にも言われんわけでね』

(贓物故買=窃盗、詐欺などの犯罪行為によって不正に得た物品を売買すること)

(中略)
戦争直後、韓国・朝鮮人がいくらかの元手ができるとすぐパチンコ店経営に乗り出したのは、日銭が確実に入り、その額がほかの廃品回収や焼肉といった職業よりも格段によかったからである。一日の売り上げだけを見ても、数字のゼロが一つかニつ多かったのだ。
==========
戦後の混乱で他人の土地を不法占拠する三国人。
これは現在まで引き続く問題です。 http://ccce.web.fc2.com/sa.html

質問者:匿名
質問日時:2013-06-23 19:49:59
カテゴリ:アンケート

ベスト回答
確かに、民法162条から
二十年間、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得出来ます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html#1001000000007000000002000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
しかし、爆撃等で家族全員死亡している様な土地なら有り得るかも知れませんが
当時、いくら混乱していたとは言え、例えば東京の様な所で
平穏に、10年 叉は 20年間占有するには無理があると考えられます。
また、
彼らは駅前の、当時の国鉄用地までも不法に奪っている訳で、
国鉄が20年以上黙って何も手を打たなかったとは思えず、その根拠では説明が付きません。

それこそ、私が学んだ限りでは・・・・・
当時、混乱に乗じて彼らは焼け野原になっている更地に、素早く建物を建ててしまい
その建物を直ぐ登記してしまいます。
当然、後でその土地所有者はそれに気付き
勝手に登記した本人に対し明渡請求を行う事になりますが、
当時の法解釈では、最終的に登記した本人との訴訟となります。

そこで彼らの悪知恵が凄く
登記した本人はその建物に居座らず、別の人間がその建物に住み着き、
登記者本人は雲隠れ・・・・・つまり行方不明なので訴える事が出来ません。
当時の事を調べると
土地所有者は仕方なく、実際に居座っている者を訴えたところ、
建物を登記した本人では無いと云う事で、裁判が不成立
と云う判例を見たと記憶しています。
結局土地所有者は泣き寝入り・・・・・

法律とコンピュータウイルス対策ソフトは、問題が発覚してから作られるので、
どうしても後手に回る事が多い様です。
当時、そんなズルい事を考える奴が居るとは、考えられなかったのでしょう。
勿論
現在は、実際に勝手に住んでいる奴も、訴える事が出来ます。

私が危惧するのは
図々しい彼らの事ですから、東日本大震災で立ち入り禁止区域など、
今でも勝手に忍び込んで囲いをして看板等を立て
所有している事実を作り、ダメ元で20年間過ぎるのを待っているのでは?
と云う事です。

回答者:paradis
回答日時:2013-06-30 15:13:29

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
被災地に看板がたくさん立てられているのを見たことがあります。その後どうなったのでしょうか。

GHQがなんか変な法律を施行させませんでしたっけ? 治外法権的な。つまり当時の三国人は何をやっても違法ではなかったような。法的に盗り放題だったというような・・・。

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
土地を奪ってもその人の所有物にはならないですけど当時は泣き寝...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-30 01:32:44

この回答の満足度 ★★★★★
その人の土地になってしまっています。ですから、これからは取り...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-24 11:13:34

この回答の満足度 ★★★★★
>不法占拠で土地を奪ったら、その人のものになるのでしょうか。...詳細

回答者:学べよ
回答日時:2013-06-24 01:03:37

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
不法占拠はダメですが、泣き寝入り、地主が亡くなったり、事実...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-23 19:57:46

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ