Sooda!
 閲覧数:67
由紀夫のどこが間違っているのでしょうか。

日本固有の領土は「ポツダム宣言が始まり」…古巣も辟易の鳩山氏発言要旨
2013.6.29 07:00

鳩山由紀夫元首相は、香港・フェニックステレビの取材で尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権を主張する中国に理解を示す発言をしたことに対し、記者団に「言っていない」と反論した。しかし、「日本固有の領土」について「ポツダム宣言に書いてある」とも発言していた。政府はもとより、かつて首相に担ぎ上げた民主党内からも批判が噴出した同氏の発言。その行間からは何が見えてくるのか。

鳩山氏の発言要旨は以下の通り

(日本が尖閣を盗んだと思われても仕方がないとの発言は)していない。中国側がそういう判断をする可能性はあると申し上げた。

日本は(1945年に)ポツダム宣言を受諾してカイロ宣言を守ることになった。カイロ宣言には台湾、澎湖(ほうこ)島など清国からスチールした(盗んだ)ものは返しなさいと書いてある。「はい、わかりました」ということで日本はのんだ。

中国側からすれば「台湾、澎湖島など」というのがあるから、「など」の中に何が入っているのかと考える可能性はある。日本は必ずしもそうは思っていない。ならば、まさにこれは係争の土地ではないかという議論は当然成り立つ。

当時の周恩来首相と田中角栄首相が(72年に)暗黙の合意をした「棚上げ」というところに一回戻す。領土問題は存在する。係争地だから。今そんなことをやっているよりももっと大事なことがあるから、そのことを先にやろうと。後の世代に委ねようじゃないかという41年前の知恵だと思う。こういう知恵をもう一度学んだ方がいいのではないかということを申し上げた。

日本の固有の領土というのは、ポツダム宣言に書いてある。固有の領土は北海道、本州、四国、九州。日本は戦争に負けて、それが固有の領土になった。その後は連合国軍が決める島だ、残念ながら。他の島を日本のものにしてもらえるかどうかは連合国軍が判断するということになってしまった。したがって固有の領土という話じゃない。

その後、交渉次第で戻ってきたものもある。しかし、最初から固有の領土ということではなく、それぞれの国との間できちんと議論して、われわれの主張を貫くように努力をするべきだ。これが外交ではないか。(批判する菅義偉官房長官らは)もっと勉強していただきたい。http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130629/plc13062907000020-n1.htm

質問者:マイケル・冗談
質問日時:2013-06-29 14:08:05
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
国の事も全く考えずに
自分の勝手な思い込みだけで発言している事自体がアウトです。
元首相とは思えない醜態ですね。

回答者:匿名
回答日時:2013-07-06 00:31:52

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
全てが間違いで何の根拠や証拠もないですし、自分で研究している...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-06-29 21:39:14

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ