Sooda!
 閲覧数:188
吉田原発所長がガンで亡くなりました。因果関係はひくいですか。

福島第1原発の吉田昌郎元所長が死去、58歳 事故収束を陣頭指揮
2013.7.9 17:54 [原発]
事故から8カ月、東京電力福島第1原発を報道陣に公開。報道陣の質問に答える福島第1原子力発電所の吉田昌郎所長=2011年11月12日午後1時8分、福島県大熊町
事故から8カ月、東京電力福島第1原発を報道陣に公開。報道陣の質問に答える福島第1原子力発電所の吉田昌郎所長=2011年11月12日午後1時8分、福島県大熊町
東京電力福島第1原発事故の収束作業を現場で陣頭指揮した元所長で、東電執行役員の吉田昌郎(よしだ・まさお)氏が9日午前11時32分、食道がんのため都内の病院で死去した。58歳。大阪府出身。葬儀・告別式は未定。

東京工業大大学院修了後の1979年、東電に入社。原子力の技術畑を歩み、本店の原子力設備管理部長などを経て2010年6月に第1原発所長に就任。東日本大震災に伴う原発事故の収束作業を、主に原発敷地内の免震重要棟で指揮した。

11年11月には事故発生後の1週間を振り返り「(自分が)もう死ぬだろうと思ったことが数度あった」と話していた。

食道がんと診断され11年11月に入院、翌12月1日付で原子力・立地本部に異動した。

事故後の被ばく放射線量は約70ミリシーベルトで、食道がん発症の原因になった可能性は極めて低いとされた。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130709/trd13070917590007-n1.htm

質問者:匿名
質問日時:2013-07-09 19:03:53
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
「病は気から」といわれます。この災害がなかったら、もっともっと生きられたか、或いは回復したかも知れませんね。因果関係はないとはいえないと思います。人間生きるために一番必要なのは「気力」ですから。

本当に惜しい方をなくしたと、ご冥福をお祈りすると同時に残念でなりません。おそらくは、いや一番今回の「原発事故」の細かい事実関係を知っていた方だと思います。後世のために、ご存知の知識、ノウハウ、問題点を是非教えて欲しかったと本当に残念です。日本としても貴重な方をなくされたと思います。

回答者:あまのじゃく
回答日時:2013-07-10 09:06:46

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
原発事故処理との因果関係なら)相当に低いです。ガンの潜伏期...詳細

回答者:左のツバサ
回答日時:2013-07-10 16:40:32

この回答の満足度 ★★★★☆
事故後の被ばく放射線量は本当に正しいのか?と疑いたくなります...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-10 15:18:30

この回答の満足度 ★★★★★
発症には複雑な理由があれますから、一概にこれかせ原因とは言え...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-10 10:46:52

この回答の満足度 ★★★★★
精神的なストレスが大きな要因になったことは確かだと思います。...詳細

回答者:忌憚ない意見を言って欲しかった
回答日時:2013-07-10 10:11:06

この回答の満足度 ★★★★★
残念です。東電の組織の中では常識的な人物でしたから、その関係...詳細

回答者:匿名
回答日時:2013-07-10 09:44:29

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ